映画な話「世界の中心で愛をさけぶ」

映画な話「世界の中心で愛をさけぶ」

自宅にいる時は、U-NEXTやamazon‐primeをつけています。
マイリストやウォッチリストにお気に入りを増やすことが
好きです。

観れなかったものや観たかったもの、もう一度観たいものや
何度でも観たいもの、理由を見つけては保存します。
「あぁ、あったな。」
それがこの作品です。

食わず嫌いというか、触覚に触れてしまったのです。

「はいはい。叫んでくれ、叫んでくれ。」

17年程前、社会現象になった流行った作品です。
省略したその語彙を記すことにすら抵抗が今もあります。
何でもかんでも流行ったものを口にするのが嫌な偏屈な
性格です。
おそらく、今だけのものであろうと感じるものには
特に避けたがる傾向にあります。

話題になるそれを一度も呼称することなく廃りを迎えた際、
高揚感を覚えます。

時を経ます。
森山未來という俳優を知ります。

「その街の子供」

阪神大震災を描いたその作品が切っ掛けです。
「世界の中心で〜」で彼が出ているのも知りません
でした。

長澤まさみ、何故彼女がそこまで人気があるのか
分かりませんでした。
普通に綺麗な上祐さん

          失礼しました。

「女優さん」そう打とうとしたら間違えたのですが、
そのままにします。

この続きをみるには

この続き: 889文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

映画な話

300円

映画やドラマなどを観た感想を 自分の視点で記します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
立嶋篤史

これがなんのことやらか、ようやく 理解しました。 どうもです。 頑張ってホームラン打とうと 思います。

そんなでもない癖にー。
一、キックボクサー。史上初、親子現役キックボクサー。著書「ざまぁみろ!」ネコパブリッシング「死にぞこない」ネコパブリッシング文庫「ざまぁみろ!」幻冬舎アウトロー文庫HP asshi-project.com