尻取り日記「じ」映画な話「11・25自決の日」

尻取り日記「じ」映画な話「11・25自決の日」


三島由紀夫の存在そのものは知っていました。
16歳当時、どのようなことをされた方なのかは知りませんでした。

著名な作家だということくらいは流石に存じ上げてはいましたが、
でも、書物を読むことを苦手を通り越して苦にしていた
僕は調べることすらしないでいました。


そんなこんなで著書にも既に記述していることと重複しますが、
この日付に関係があることを記します。
この作品に関わることではありませんが、僕には関係付けられる為、
ご容赦ください。


日本でデビューしたその年の1988年11月25日、試合が
組まれました。

前戦、9月にバンタム級で試合前、減量で苦労したので、
そろそろフェザー級に戻すか、間の55kg契約でと考えて
いました。

でも、そのどちらでもない更に2階級落としたフライ級で
会長は試合を組んだのです。

「落とせません。」
幾度も断ったのですが、耳を貸してもらえませんでした。

タイで落とし、3日前に帰国する予定を立てました。
でも、タイででも、バンタム級から更に、落ちてはくれません。
利尿剤を飲み、落としました。

3日前に帰国し、絶食絶飲し、下剤を飲みました。

激しい腹痛から堪えきれず、朝までトイレで腹を抱えていました。
翌朝、父と一緒に計量に向かいました。
1人では歩けないからです。
歩いていて靴が脱げる程です。

ベルトを一番きつくして、でも、歩いていて尻が出る程です。
計量を終えた後、会長といたくないということもありました。

この続きをみるには

この続き: 1,723文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

映画な話

300円

映画やドラマなどを観た感想を 自分の視点で記します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
立嶋篤史

これがなんのことやらか、ようやく 理解しました。 どうもです。 頑張ってホームラン打とうと 思います。

痛っ。
一、キックボクサー。史上初、親子現役キックボクサー。著書「ざまぁみろ!」ネコパブリッシング「死にぞこない」ネコパブリッシング文庫「ざまぁみろ!」幻冬舎アウトロー文庫HP asshi-project.com