Asklepios PROJECT

「未来の治療環境をより良くするために」=「アスクレピオスプロジェクト」 病院で働く人たちも、入院する患者さんも、お見舞いに来る家族も、 すべての人が幸せになれる理想の環境を今一度みんなで真剣に考えてみませんか? http://www.central-uni.co.jp/

Asklepios PROJECT

「未来の治療環境をより良くするために」=「アスクレピオスプロジェクト」 病院で働く人たちも、入院する患者さんも、お見舞いに来る家族も、 すべての人が幸せになれる理想の環境を今一度みんなで真剣に考えてみませんか? http://www.central-uni.co.jp/

    マガジン

    最近の記事

    日本クリティカルケア看護学会第18回学術集会に参加します!

    こんにちは。西尾です 6月11日・12日にかけ、北九州にて開催される日本クリティカルケア看護学会第18回学術集会に参加させていただきます。 初日参加してきましたが、 思っていたよりも多くの方が来場されており、盛り上がってます! 年々医療をとりまく環境が大きく変化している中で、ここ近年ではコロナのパンデミックで、特に医療者にとっては厳しい現実に直面するシーンが多かったと思います。そんな中、あらゆる状態の患者さまにとってのQOLの向上を目指しながら、クリティカルケア看護の新たな

    スキ
    4
      • ICUダイアリーをつくってみた。その2

        こんにちは。IN//SEKIの中尾です。 アスクレピオスではICUダイアリーの可能性と現状の課題について整理し、院内専用タブレットやスマホで、手軽にICUダイアリーがつくれるアプリ化のアイデアが生まれました。必要な項目の仮説をたてるために、自分たちでICUダイアリーをつくり体験してみたのが前回でした。(公開後リンクいれる) 今回はICUダイアリーをつくってみて、見えてきたヒントについてお話しします。 共通していたこととは・・・日付や名前など、基礎情報以外に全員に共通して

        スキ
        2
        • ICUダイアリーをつくってみた。その1

          こんにちは。IN//SEKIの中尾です。 前回お話ししたICUダイアリーの続きです。アスクレピオスではICUダイアリーの可能性と現状の課題について整理し、より簡単で効果的なICUダイアリーがつくれるような仕組みをつくれないか、アイデアを出し合う中で、 院内専用タブレットやスマホで、手軽にICUダイアリーがつくれるアプリがあったらいいんじゃないか?というアイデアが生まれました。 ICUダイアリーは決まったフォーマットがありません。大学ノートに文字だけでその日の状態や出来事

          • あけましておめでとうございます

            昨年もコロナに翻弄された一年でした。 医療者の皆さんには本当に感謝の思いでいっぱいです。 少しづつではありますが明るい兆しがみえ2022年は昨年よりも 前進できる年になることを願います。 アスクレピオスプロジェクトは・・・ 医療者・家族・患者家族のお話をききながら、 新しい課題や全く新しい発見をもとに、プロダクトやサービスをつくり、 現場に寄り添いながら、治療環境をより良くするためのプロジェクトです。 アスクレピオスプロジェクトにとって2021年は、 患者さんやご家族、

          マガジン

          マガジンをすべて見る

          記事

          記事をすべて見る
            • 患者さん視点からみたICU Nさんその3

              こんにちは。IN//SEKIの中尾です。 今回は、一般病棟に移ってからの治療環境について詳しく伺いました。 ・Nさん ICU入院:2日  一般病棟:7日 病棟に移る時のお気持ちはいかがでしたか?____________________________
 やっぱり嬉しかったですね。痛みも減ってきたし、辛かったICUを出て回復に向かう実感も沸きました。 病棟での環境はいかがでしたか?________________________________________
 多

              • 患者さん視点からみたICU Nさんその2

                こんにちは。IN//SEKIの中尾です。 前回のインタビューでは、頻繁に看護師さんを呼ぶことを遠慮してしまうとおっしゃっていたNさん。ICUで感じた医療者とのコミュニケーションについて伺いました。 ・Nさん ICU入院:2日  一般病棟:7日 ナースコールを押すのは遠慮してしまいますか?______
___ そうですね。ナースコールをする時は大体、痰が詰まって息苦しい時に吸引してもらう時なので、どの程度でナースコールを押すべきか、事前に看護師さんに確認しました。 あ

                スキ
                2
                • ご家族視点からみたICU その2

                  こんにちは。IN//SEKIの中尾です。 今回は、ご家族がICU入院経験のあるIさんにお話を伺いました。 前編はICUでの印象的な内容についてでしたが、後編は面会中に感じたことなどを中心に伺いました。 面会中はどのように過ごすことが多かったでしょうか?――――――――― 個室の時は、長期だったのでPCとwifiを持ち込んで仕事をしていました。 椅子が固くてお尻がいたくなってきてました。長時間面会する家族用に、程よい椅子と机があると、助かるなと思います。 また、妻がずっ

                  • ICUダイアリーって何だろう?

                    こんにちは。IN//SEKIの中尾です。 みなさんはICUダイアリーをご存知でしょうか? ICUダイアリーとは、医療スタッフやご家族が、患者さんのICUでの様子を記録する日記です。闘病中の頑張りやさまざまな変化を書き留めておき、のちに患者さん、ご家族で振り返ることで患者さん自身の予後によりよい影響を及ぼすと期待されています。 なぜ看護記録以外に日記をつけるのでしょう?ICUでは意識障害を伴うケースがほとんどです。身体的に辛い治療を受ける中、痛みや恐怖が断片的にのこる記憶の

                    • 患者さん視点からみたICU Nさんその1

                      こんにちは。IN//SEKIの中尾です。 今回はICU入院経験のあるNさんのインタビューです。辛いご経験を思い出しながら率直な思いを語ってくださったNさんのお話は、治療環境をよりよくしていくためのヒントが沢山ありました。またご自身の経験や知識を活かし、新しい活動をされていることに、勇気をもらいました。この場を借りて感謝を伝えさせていただきます。本当にありがとうございました。 ・Nさん ICU入院:2日  一般病棟:7日 ICUに入室されて最初に感じた印象について教えてく

                      スキ
                      3
                      • ご家族視点からみたICU その1

                        こんにちは。IN//SEKIの中尾です。 今回は、ご家族がICU入院経験のあるIさんにお話を伺いました。 壮絶な体験を伺いながら、治療環境がご家族視点からどう映っているのか、ご家族である患者さん自身の思いを代弁いただき、沢山の発見をさせていただきました。 この場をかりて感謝を伝えさせていただきます。本当にありがとうございました。 ・Iさん お子様 ICU 3日間  一般病棟17日間   奥様 ICU 4日間 ご家族のICU入室までの経緯を教えてください―――――――――

                        • 患者さん・ご家族視点からみたICU その3

                          こんにちは。IN//SEKIの中尾です。こんにちは。IN//SEKIの中尾です。 今回はICU入院経験のあるYさんとご家族(奥様)のインタビュー最終回です。前回は一般病棟での印象的な出来事を伺いましたが、今回はご家族からみた治療環境についてのお話です。 ・Yさん ICU 2回入院  1回目:5日  2回目:2日 一般病棟:約30日 ICUの印象はいかがでしたか?______ 奥様:まずびっくりしたのは、主人の頭の方のドレーンバッグが私から見える位置にあったんですよね。

                          • 患者さん・ご家族視点からみたICU その2

                            こんにちは。IN//SEKIの中尾です。 今回はICU入院経験のあるYさんとご家族(奥様)のインタビュー2回目です。前回はICU入室や入室後の印象的な出来事を伺いましたが、今回は一般病棟に移ってからのお話です。 ・Yさん ICU 2回入院   1回目:5日  2回目:2日 一般病棟:約30日 一般病棟ではどのような環境でしたか?ーーーー Y:多分、ICUから移ってすぐの時はベッドがナースステーションに近い所だったと思います。状態が安定してからは窓側に移していただいたの

                            スキ
                            2
                            • 患者さん・ご家族視点からみたICU その1

                              こんにちは。IN//SEKIの中尾です。 今回は、ICU入院経験のあるYさんとご家族(奥様)にお話を伺いました。内容がとても濃いインタビューとなり、全3回にわけてお届けさせていただきます。 YさんがICUへの入室までや入院中に感じたこと、ご家族ならではの率直な思いやご意見を伺って、新しい発見がありとても勉強になりました。 唐突なお願いにも関わらず、本プロジェクトの目的をご理解いただき、「治療環境をよりよくするために力になれれば・・・」との思いでこのような、貴重な機会をつ

                              スキ
                              2
                              • 患者さん視点からみたICU -座談会編 その2-

                                こんにちは。アスピオプロジェクトメンバーの中尾です。 今回は、3名の入院経験をされた方々との座談会編その1の続きです。 入院中の過ごし方やその時の気持ち、欲しかったアイテムなど、患者さん視点ならではの意見を伺うことができました。 ・Uさん ICU入室期間2週間(2回経験あり) ・Sさん 入院期間2週間(ICU入室期間術後半日) ・Yさん 入院期間1週間 入院中はどのように過ごしていましたか?ほしかったアイテムなどはありますか? Y「病棟に無料のwifiがあったので、

                                スキ
                                1
                                • 患者さん視点からみたICU その2

                                  こんにちは。プロジェクトメンバーの上田です。 今回は、患者さん視点からみたICU その1の続編です。 Tさんは、未来の医療環境のために少しでも役に立てればと、2度のインタビューに答えていただきました。術前と術後合わせて約2ヶ月間ICUで過ごしたご自身のご体験についてお話しくださいました。 ICU入室中はどのように過ごしていましたか?――――――――――――― 術後は、痛みが続き、眠れないことが多かったです。 「お子さん向けのDVDだけど見てみますか?」と看護師さんに

                                  スキ
                                  2
                                  • 患者さん視点からみたICU その1

                                    こんにちは。プロジェクトメンバーの上田です。 今回は、ICU入室経験のあるTさんから聞いた、患者さん視点からみたICUをお伝えしたいと思います。 思い出すには辛いご経験もある中で、患者視点でも何かお役に立てればと、闘病中の状況や心情まで細かく教えていただきました。 Tさんは、術前と術後ICUで過ごしたそうです。 ICU入室時特に印象にのこっていることは何ですか?―――――――――― 術後、目が覚めると拘束されていて、その直後にスタッフが駆け寄ってきました。 そのあとは

                                    スキ
                                    3