Ran「おれんじ 」制作過程の小話とリファレンスについて
見出し画像

Ran「おれんじ 」制作過程の小話とリファレンスについて

asistobe公式

たまには、自分が担当してるアーティスト、Ran(ラン)のことに関してnoteを書いてみようかと思いました。
Ranというアーティストを知らない方も多いかと思いますので、簡単にプロフィールを纏めてみました。

福岡県出身 2000年8月9日生まれ シンガーソングライター
現在までに音楽配信アプリEggsで26万再生記録 現在までタワーレコード限定でミニアルバム1枚 配信オンリーで5曲をリリースしています。
セールスポイントは地声とファルセットの間にMIXボイスという帯域があるのですが、特にその帯域を美しく、きれいに歌うこと。
小柄な体格と可愛らしい外見の対角線上にある、純文学などに影響を受けたエッジの効いたどこまでも自己世界観を表した歌詞です。

キャチコピーはインタビューの時にライターさんが付けた、独自の言語表現を持ったシンガーソングライターというのを拝借してます。

※MIXボイスの詳しい記述はこちらから
https://karaokems.com/mix/

今回はそんなRanが今年の1月に配信リリースした「おれんじ 」という楽曲の制作過程、リファレンスを基にアレンジ作業していく過程の話などをしていきたいと思います。

まずRanですが、ほとんどの曲を自身で作詞・作曲しています。
普段の曲作りですが、本人がアコギを弾いて歌を入れたデモを送ってきます。この時、ほとんど歌詞も出来上がってることが殆どです。
「おれんじ 」ですが、他の曲と同じように本人が歌詞付きで弾き語ったデモが世の中でコロナという新種のキーワードが出るか出ないかのタイミング辺りで作ってきました。
あがってきたデモをRanのディレクションを担当してくれてるT氏と3人でどの曲をプリプロにするか、その曲のアレンジのイメージ、アレンジャーの選定などそれぞれの意見を出していく話し合いを行います。
アレンジの意見を交わす時にうちのチームで良くやる方法ですが、その曲のアレンジイメージのリファレンスを出し合います。
「おれんじ 」の時は確か先にアレンジャーを岩崎慧氏(セカイイチ)にお願いすることが決定してたかと記憶しています。
ここでRanが最初に出してきた2つのリファレンスに少々驚きがありました。


空音「Hug(feat.kojikoji)」
https://youtu.be/syHCwaounPc
クボタカイ「TWICE」
https://youtu.be/ZrGsMsvNmVc


Ranから初めてHip Hop系の音の話が出たことにもビックリですが、え、このリファレンスと破水しそうになりました。
しかし、そこは昔母親に思いやりがある子との評価を得ていたマネージャー成毛は心中を察しました。
多分、本人はブラックミュージックっぽいグルービーなアプローチを目指したいのだと。
そこで、アレンジを担当する岩崎氏が所属するバンド、セカイイチ「Grave of Music」をリファレンス意見として出したところ、本人から「いいです!これ好きです!」との同意意見を頂きました。
セカイイイチ「Grave of Music」
https://youtu.be/rjX2yZmPSgU
さらに調子に乗り、もっとFUNK色を強めた、PARIAMENT「Flash Light」
アシッドジャズを意識したオリジナル・ラブ「月の裏で会いましょう」とかイメージとどう?と投げたのですが、「違います!」とのことでボツになりました。
PARIAMENT「Flash Light」
https://youtu.be/E5uH1JFcaq8
オリジナル・ラブ「月の裏で会いましょう」
https://youtu.be/qhlzRA887FQ
Ran自身からもみゆな「缶ビール」などのリファレンスも再度あり、アレンジ方向的な部分は大枠固まっていきました。
みゆな「缶ビール」
https://youtu.be/4xMVemg_YOo
数日後、岩崎氏が手掛けたアレンジが届き、イメージ以上のクオリティの高い楽曲アレンジが届きました。
アレンジ音源第1稿で岩崎氏のコーラスが入っていて、それが特にめちゃめちゃ良かったので、早速岩崎氏とRanに連絡して、「今回の作品フューチャーリングでいかない?」と提案したところ両名共にOKの返事を頂き、アレンジ作業を詰めていく中で、ベースを弾いてもらったPark氏が当時ジャムるという名でジャムセッション動画を作成していたアイデアを頂き、リモートセッション動画をリリース前に作成し、YouTubeに公開しました。
https://youtu.be/b3vS8zGmFpA

そんな紆余曲折の過程を得て、作った曲になります。
それでは、是非聴いてください!Ran「おれんじ feat.Kei Iwasaki」

https://ran.lnk.to/orange

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
asistobe公式
Being Group内に新設されたクリエイターレーベル。Z世代の若きクリエイターの今とこれからを長く支援できるようにと想いが込められた新レーベル“asistobe(アズイズトゥービー)”