見出し画像

web古地図散歩 若松河田~江戸川橋6

当舎が町歩きイベントとして開催している「古地図散歩に行こう!」をweb上に再現しました。約5キロを3時間ほどかけてお客様に実際に案内している内容を再現したものです。1~6回のうち、1回目だけ無料でお読みいただけます。2回目以降は有料でのご購読となります。2~6回はそれぞれ150円、1~6すべてと配付資料が載っているマガジンは600円です。

歩き旅応援舎のホームページ


細道の奥へ

自分で案内しておいてこう言うのも何ですが、この「若松河田~江戸川橋」コースは、当舎の数ある古地図散歩のコースの中でも強烈にマニアックですよね。そんなコースも、すでに資料の最後のページですし、ゴールの江戸川橋の近くまで来ていますから、もう少しお付き合いください。

画像3

真清浄寺の横から、また細い道が始まっています。この道をはさんで真清浄寺の向かいには大正時代からつづいていたクリニーング屋さんがあったのですが、最近店を閉じてしまいました。

画像5

画像5

この道の両側は西五軒町というのですが、これも江戸時代の地名が由来です。江戸幕府が土地の造成工事をしたときに、5人の人足が大八車などを使って要領よく土を運んだんだそうです。その功績でこの5人には土取場の土地が与えられて、そこに住むことになりました。それで五軒町です。西と東があるのは、明治5年に(1872)に五軒町が2つの町名に分かれたからです。

画像6

細くて曲がりくねった道ですが、この道の左側は宝蔵院というお寺でした。明治時代初期に廃寺になって、境内にあった東照宮だけが赤城神社の境内に移されて残っています。

この続きをみるには

この続き: 3,718文字 / 画像22枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
6本の記事と配付資料が掲載されています。1回目の記事は無料ですが、2~6回が各150円、配付資料は500円ですから、このマガジンでご購読いただいた方がお得です。

当舎が開催している町歩きイベント「古地図散歩に行こう!若松河田~江戸川橋」を再現しました。豊富な写真と地図、そして実際に歩きながらしている…

または、記事単体で購入する

web古地図散歩 若松河田~江戸川橋6

歩き旅応援舎

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。町歩きのお役に立てればと思います。
4
「古地図散歩に行こう!」「京都まであるく東海道」など“歩いて知る”イベントの開催している歩き旅応援舎です。 古地図散歩をweb上で楽しめる「web古地図散歩」や、スマートフォンで道や見どころを確認しながら歩ける「世界一詳しい東海道歩き方ガイド」などを公開しています。