見出し画像

web古地図散歩 若松河田~江戸川橋3

当舎が町歩きイベントとして開催している「古地図散歩に行こう!」をweb上に再現しました。約5キロを3時間ほどかけてお客様に実際に案内している内容を再現したものです。1~6回のうち、1回目だけ無料でお読みいただけます。2回目以降は有料でのご購読となります。2~6回はそれぞれ150円、1~6すべてと配付資料が載っているマガジンは600円です。

歩き旅応援舎のホームページはこちら


近藤勇の道場

画像1

江戸時代の「市谷甲良屋敷」という町名を現在に伝えている「市谷甲良町」、実際には江戸時代の地図に「市谷甲良屋敷」と描かれているところは現在の町名では「市谷柳町」となっているのですが、その東側の区画が江戸時代の町名を伝えています。

画像2

この「市谷甲良屋敷」だったところの中にある細い道、この先には何があるのでしょう? 子供のころには近所の他の家の敷地に入り込んで勝手に遊んでいてい怒られたことがありますけれど、こういう細い道に入っていくのって、そういうドキドキ感がありますよね。ここは人が通るための道なので怒られることはありませんが、万が一ということもあります。みなさん、心して入ってください。

ドキドキドキ・・・。

右へ左へと折れ曲がる道を進んでいきます。おっと神社に出ました。木造の社殿で、狭い敷地で、額も表示もなくて、詳細がよくわからない神社なのですが、インターネットには稲荷神社と書かれています。

画像3

隣にある比較的新しいビルは高齢者住宅です。この高齢者住宅の前に説明の標柱があります。

この続きをみるには

この続き: 3,864文字 / 画像23枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
6本の記事と配付資料が掲載されています。1回目の記事は無料ですが、2~6回が各150円、配付資料は500円ですから、このマガジンでご購読いただいた方がお得です。

当舎が開催している町歩きイベント「古地図散歩に行こう!若松河田~江戸川橋」を再現しました。豊富な写真と地図、そして実際に歩きながらしている…

または、記事単体で購入する

web古地図散歩 若松河田~江戸川橋3

歩き旅応援舎

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。町歩きのお役に立てればと思います。
3
歩き旅応援舎では、「京都まであるく東海道」「古地図散歩に行こう!」などの“歩く”イベントの開催しています。 ここでは外を歩くのと同じように古地図散歩をweb上で楽しめる「web古地図散歩」や、実際にイベントで使用した配付資料を有料で公開しています。

この記事が入っているマガジン

web古地図散歩 若松河田~江戸川橋
web古地図散歩 若松河田~江戸川橋
  • 7本
  • ¥600

当舎が開催している町歩きイベント「古地図散歩に行こう!若松河田~江戸川橋」を再現しました。豊富な写真と地図、そして実際に歩きながらしている説明を体験できます。細い道が入り組んだ牛込台地の上の町、観光名所なんか全然ないのに、こんなに面白い町なんです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。