見出し画像

「YAU OPEN STUDIO」 Y-base ワークショップ・プログラム

経験不問!「日常」が新たな視点で見えてくる、ちょっと変わった演劇的体験をしてみませんか?


《大丸有エリアで働く方々、関わりある方対象》
松井周 総合監修
「遊び場的ワークショップ集」
(ワーク・イン・プログレス)
参加者募集

劇作家・演出家の松井周を中心に立ち上げたスタディ・グループ「松井周の標本室」のメンバーによる、「なぜだかわからないけど、どうしてもこだわってしまう、気になること」を探求するワークショップを集めたイベント、「遊び場的ワークショップ集」。そのワーク・イン・プログレス(制作途中のプロジェクトを公開し、観客の意見を参考にしながらプロジェクトを練り上げていく手法)版を「OPEN STUDIO」期間に実施いたします。

自分が共感できる問いをテーマにしていたり、逆になんのことだろう?と思うプログラムに参加してみたりすると、様々な価値観に触れられるはず。

聞いたことのないようなワークショップで、遊んでみませんか?



Y-base ワークショップ・プログラム 開催概要

日程:2022/3/11(金)~14(月)
会場:YAU STUDIO(千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル10階
対象:大手町・丸の内・有楽町で働く18歳以上の方
参加費:無料 ※要事前申込
コーディネート:一般社団法人ベンチ
主催:「有楽町アートアーバニズムプログラム」実行委員会(一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会、NPO法人大丸有エリアマネジメント協会)

「Y-base ワークショップ・プログラム」
▼ 詳細とお申し込みはこちら
https://arturbanism.peatix.com

※参加後に、アンケートの回答や感想のSNSシェアにご協力ください。
※撮影が入る可能性があります。映りたくない方はお知らせください。

総合監修:松井周


松井周(まついしゅう)

劇作家/演出家/俳優。1972 年東京都生まれ。劇団「サンプル」主宰。2011 年『自慢の息子』で第 55 回岸田國士戯曲賞を受賞。松井周が描く猥雑かつ神秘的な世界の断片を、俳優とスタッフが継ぎ目なく奇妙にドライブさせていく作風は、世代を超えて広く支持を得ており、New York Times で「最も注目すべき演出家」と紹介された。
http://samplenet.info/


Y-base ワークショップ・プログラム 詳細

4日間で、以下の7つのワークショップ・プログラムを予定しています。

『身体感覚の【言語での】共有は可能か?』

「痛い」は…ぐさり?ひりひり?ズキンズキン? 他人との違いを楽しむ感覚言い換えゲーム!

日時: 3/11(金) 19:00 – 21:00
ファシリテーター:
私道かぴ(作家・演出家/安住の地)※リモートで参加(現地にサポートスタッフ有り)
定員:10名

少し考えてみれば、私たちの周りにはたくさんの「わからない」感覚が潜んでいます。電車でたまたま隣に座った人が、傍からはわからなくともとんでもない感覚に悩まされているかもしれない。よく知った友人が、実は誰からも理解されない感覚を持っているかもしれない。このような「身体感覚」について、他人に話を聞いて想像したり、自ら説明したりして少し世界を広げてみるワークショップです。


『生きることはバラで飾られねばならない?』

生きるうえで、余分なものがあってもいい。けれど、ありすぎても生きづらい。ものを使うことに向き合ってみる、そんなワークショップ。

日時:3/12(土) 13:00 – 14:30
ファシリテーター:
佐藤鈴奈(俳優/ぺぺぺの会)
定員:12名

生きるために必要なものだけでなく、ときには余分なものや贅沢なものを消費することも、人生を豊かにするためには必要ですが、余分なものをきちんと消費できているのでしょうか。「捨てるかどうか迷っているもの」を持ち寄って、ものの消費に向き合ってみるワークショップ。
※参加される方は、自宅にある「捨てるかどうか迷っているもの」を持ってきてください。


演技・パフォーマンス ワークショップ

『結んで、開いて〜今、私たち何をしていますか?』


閉じたり開いたり、感覚を研ぎ澄ますことから始める、濃密なコミュニケーション。さらにそこからシーンづくりへ。体験と想像から、私たちの日常を捉え直す。

日時: 3/12(土) 15:00 – 18:30
ファシリテーター:
綿貫美紀
定員:12名
企画監修・協力:(株)未来言語

「全ての人がコミュニケーション可能な未来をつくる」ミッションをもつ未来言語の協力のもと、表現のための視野を広げるワークショップを発表します!未来言語ワークショップで用いられる「みない」「きかない」「はなさない」フォーマットを使って、自分の表現活動の癖や、日常の中での振る舞いや、コミュニケーションについて振り返ってみましょう。

※ご参加にあたりお手伝いやサポートが必要な方は、予約時の備考欄にその旨ご連絡ください。ワークショップ担当者より折り返しご連絡させていただきます。



『ポーズを着る』

他の人から服を借りて着てみるように、自分では選ばない形を身にまとったらどんな発見や違和感があるだろう?
ポーズと絵を通して他者に出会いに行くワークショップ。

日時:3/13(日) 13:00 – 14:30
ファシリテーター:辻村優子(俳優)
定員:12名

モデルを描くと言えば普通はモデルのポーズを見て描くものですが、このワークショップでは自分でとったポーズを自分で描いてみます。さらにその絵を参加者同士で交換して、今度はそこに描かれているポーズをとって描いてみます。他の人の服を借りて着てみるようなイメージで、他の人のポーズをお借りして着てみたら、その時、自分の身体にはどんな発見や、あるいは違和感があるでしょうか?


『元プロ野球私設応援団員と考える応援』

「がんばれー!」幼い頃からとても身近でありながら、同時に簡単には分解できない“応援”という人間行動。一緒にこの根っこを探ってみましょう。

日時:3/13(日) 15:00 – 17:00
ファシリテーター:鈴鹿通儀(俳優)
定員:10名

皆さんには“応援”しているものはありますか?それは、何のために?応援という行動と心情は必ず対象を要します。そしてその対象に向かう矢印はまったく固有のものです。中学高校時代、青春の熱量をプロ野球私設応援団に注いだ私の経験を土台に、参加者同士その矢印を紹介したり、交換したり、紐解いたりしながら、“応援”という根源的でありながらも複雑さとおもしろみに満ちた人間行動について一緒に考えてみましょう。



『標本会議』

誰でも俳優になれる!未来を生きる!憑依系カードゲーム!

日時:3/13(日) 17:30 – 19:10
ファシリテーター:綿貫美紀
定員:10名

標本会議では、フィクションを交えたロールプレイングをすることで、私たちの未来を予測し、私たちの現実のふるまいにおけるヒントを探ります。カードに書かれた役割になって会議をすることで、誰でも俳優として演劇をすることができます。難しく考える必要はありません。ざっくりと「他者」を想像してみることからはじめます。そうやって何かの「標本」になってもらいます。


『幻の演劇をつくろう!』

こんな未来ってありですか? ー高齢者の安楽死が推奨される未来を描く演劇をつくってみる

日時:3/14(月) 19:00 – 21:00
ファシリテーター:松井周(劇作家/演出家/俳優/サンプル主宰)
定員:15名

「2030年には高齢者優先の「安楽死法案」が施行されている未来…という演劇をつくるために、一般公募で集められた俳優やスタッフたち。彼らはどんな演劇を作ろうとするのか?」参加者には『卒業式』(高齢者の安楽死前日の式典)という短いシーンのリハーサルを自分たちのアイディアでつくっていただきます。カードを利用した簡単なゲーム形式で進行しますので、あまり難しく考えずに参加していただけると思います。
※あくまでも演劇の手法を取り入れたワークショップです。ただし希死念慮をお持ちの方はご参加をお控え下さい。

※本企画は、2022年3月17日〜20日に開催される「遊び場的ワークショップ集」のワーク・イン・プログレスとなります。

「Y-base ワークショップ・プログラム」
▼ 詳細とお申し込みはこちら
https://arturbanism.peatix.com


thumbnail © hajime kato

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!