新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

美術館に行かれないなら、アートが自宅にやってくるという方法がある👑 発想転換の天才💡オラファー・エリアソンが切り開くアートの未来に乾杯🥂✨ 「拡張技術で私からデジタル彫刻を送ると、みなさんは自宅で私の個展を開くことができるのです」

    東京都現代美術館での個展『ときに川は橋となる』の開幕ゴーサインが出る日を待ち構えている格好となっているオラファー・エリアソンさん。本当は、3月14日の開幕に合わせて来日予定だったとのこと。ああ、コロナ、なんてことを!
 ともあれ、まだ公開されていない個展の展示風景と、オラファー・エリアソンさんへのインタビューが、先日のNHK「日曜美術館」で流れましたね。 自然現象を再構築したインスタレーション、光と幾何学に対する長年の関心が反映された彫刻、写真のシリーズ、ドローイングと水彩画などなど、息をのむ美しさと体験型の面白さが同居する作品の数々に魅了されました。早く行きたい!!!
 
とりわけ、目の前に虹を再現する初期の代表作《ビューティー》(1993年)に会いたい。

画像2

オラファー・エリアソン《ビューティー》1993年 Installation view: Moderna Museet, Stockholm 2015 Photo: Anders Sune Berg Courtesy of the artist; neugerriemschneider, Berlin; Tanya Bonakdar Gallery, New York / Los Angeles © 1993 Olafur Eliasson  ※冒頭のバナーの作品も同じ

 なぜなら、2016年にサムスン美術館リウム(韓国・ソウル)で体験した同じく彼の虹の作品《rainbow assembly, 2016》が鮮烈によみがえったから!まず、展示室が近づくにつれて感じる鍾乳洞のような香りと湿気、冷たさにぞくぞくしました。でも、まさか美術館内に雨が降っているとは!! 霧雨に本物の虹を展示するという特大スケールに身も心も奪われました!なんと、傘をさして中に入ることもできるのです!

画像3

《rainbow assembly, 2016》に佇む筆者 

画像4

訪れたサムスン美術館リウム(韓国・ソウル)

 それぞれが自分の虹を見ているのだけど、同じ霧雨の中で体験を共有している(#^^#)
そして、エリアソンさんは、そんな私たちを「コラボレーター」と呼び、「一緒に作品を作っているんだ」と言ってくれています。

画像5

みな、思い思いに体験しつつも何か同じものを共有している!《rainbow assembly, 2016》

東京都現代美術館の《ビューティー》では、どんな感覚が呼び覚まされるのかな?!

画像6

オラファー・エリアソン《ビューティー》1993年 Installation view: Moderna Museet, Stockholm 2015 Photo: Anders Sune Berg Courtesy of the artist; neugerriemschneider, Berlin; Tanya Bonakdar Gallery, New York / Los Angeles © 1993 Olafur Eliasson

それから、こちらの作品が飾ってあるお部屋にもぜひ没入したい!どうやら、この虹色の宝石の中には、太陽が入っているらしい?!

画像7

オラファー・エリアソン《太陽の中心への探査》2017年 Installation view: PKM Gallery, Seoul, 2017 Photo: Jeon Byung Cheol, 2017 Courtesy of the artist and PKM Gallery, Seoul © 2017 Olafur Eliasson

 NHK「日曜美術館」の小野正嗣さんに「今、みなが美術館に行ってアートにアクセスできない状況にあると思うのですが、エリアソンさんは、ご自身の作品についてどのように人々にアプローチしてもらいたいと考えていますか?」と問われたエリアソンさんの回答は

「人々が美術館に来られない今、アートが自宅へやってくるという方法を見出す必要があるのかもしれません。この数か月間、リビングルームで楽しめるような拡張デジタルアートという案に取り組んできました」

とのこと。そして

「私からデジタルの彫刻をあなたに送れば、あなたの部屋で私の個展を楽しむことができます。また、まだこれは公表していないのですが、自然を部屋の中にとりいれることができないかと考えています。外に出られないのなら、逆に外を部屋に入れたらどうだろうと考えています。もし、太陽や雨、虹などを部屋に取り込めたら面白いじゃありませんか!」

とエリアソンさん。
 発想の転換で、より面白いアートを発明してしまう!超ポジティブシンキングだからこそ皆が夢中になれる作品を生み出すことができるのかもしれませんね。

【美術館からのお知らせ】
東京都現代美術館では、東京都の方針に則り、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止する観点から、2020年5月6日(水・祝)まで臨時休館を延長させていただきます。
展覧会:オラファー・エリアソン ときに川は橋となる
会期:2020年 未定~6月14日(日)

#OlafurEliasson #東京都現代美術館 #サムスン美術館
#日曜美術館


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わーい♪スキありがとうございます(#^^#)
18
アートフリークなジャーナリスト 『月刊美術』「菊池麻衣子のワンデイ アートトリップ」連載☆『国際商業』「アートとビジネス」連載☆ アートな非日常体験はすぐ隣に!歩いて、想像して、楽しいアートトリップをお伝え☆アートとビジネスの成功事例もお伝え☆アートのパトロンプロジェクト代表
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。