新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【主催イベントのご案内】現代アートと出会う日 at the Hotel

このところ更新できておらず、すみません。何をしていたかというと、今週末に向けて、こんなイベントを企画しておりました。

画像1

画像2

企画の発端はなんと、このnote!

記事を読んでくれた不動産デベロッパーのお知り合いが連絡を下さり、意見を交わすうちに「ビジネスマンとアーティストでタッグを組み、両方の目線・個性を活かしたことをしたいね!」と始まりました。

ふたりが共通して好きなものはアートと不動産。折しも、アーティストは展示機会が激減。宿泊を始め、商業やオフィス不動産も休業を余儀なくされ、わたしたちの好きなひとやものが苦境に立たされていました。

「アートがもっと身近で楽しいものに、そして、それが私たちの好きなものの役に立つといいなぁ」

そんな考えのもと、私のコロナで中止になった個展会場だったホテルTHE BLEND INNさんにご協力をお願いしたところ、「アート入門の場になれば」とご快諾いただけ、企画がスタート!

趣旨にご賛同いただけたアーティスト・ビジネスパーソンたちが集まってくださり、今はアーティストたちとビジネスパーソンたちが一緒に、両輪となって準備を進めています。

まさか、このnoteがこんな企画を生むとは・・・企画を進めるにあたって実感したのは、アートにはビジネスマンの力が必要だということ。

今週末大阪にいらっしゃれる方がいたら、もしよかったら遊びに来てください&これから一緒に何かしませんか?(もちろん今回ご来場いただけない方も!)

=以下、イベント詳細をご案内させていただきます=

「現代アートと出会う日 at the Hotel」

建築家 島田陽設計のデザインホテル<THE BLEND INN>にてアーティストがホテル客室をそれぞれ1室使い、作品を展示します。

今回の企画運営は、普段は若手のビジネスマンの皆さん。
「アートってよくわからない」という方にこそ楽しんでいただけるよう、アーティストたちとタッグを組み、ビジネスマン視点での展覧会を開催することと致しました。

オンラインギャラリートーク、会場での建築内覧ツアー、作品解説レクチャー等の多様なコンテンツをご用意。
その一環として、イベントインスタグラム(ほぼ毎日更新)ではアーティスト紹介やホテル建築の経緯や意匠の詳細等の解説もご用意しております。ぜひフォローいただけますと幸いです。

● 出品作家(会期中作家も在廊します)

石原梓(絵画)
JENSIN OKUNISHI(テキスタイル・タペストリー)
木ノ戸久仁子(陶芸)
野田ジャスミン(陶芸)
松村咲希(絵画)
TOMOYA MATSUURA(写真)
吉見紫彩(絵画)

感染症対策のため、予約優先の1コマ1時間・10名程度の少人数で会場をご案内しますので、
プライベートなアート鑑賞体験をお楽しみいただけます。

アーティストの展示客室にご宿泊いただくことも可能です。(夜間のみ・事前予約)
また、今回の収益は、新型コロナウイルス感染症で打撃を受けたホテルとアーティストに還元されます。

「現代アートと出会う日」
日時:2020年6月26日(金)~28(日) 10:00~20:00
場所:THE BLEND INN 〒554-0013 大阪府大阪市此花区梅香1-24-21
入場料:1,000円(tax included)
※感染症対策のため、少人数入場入替制、予約優先で実施いたします。

WEB: https://gendaiart-to-deauhi.studio.design/
予約サイト: https://peatix.com/event/1508366
SNS:
● インスタグラム(@gendaiart_to_deauhi)
● twitter
● youtube
facebook

 ▼記事掲載▼
 ● 週末の。アート
 ● 大阪ベイ経済新聞

====

以上、今回はほぼイベント告知になってしまいましたが、会期後落ち着いたら
● 企画の経緯
● どのように協業を進めたか、そのなかでの気づき、課題
● アーティストとビジネスマンがタッグを組むことのメリット・デメリット
など、書き記していきたいと思います。

まずは企画第一弾!どうぞお見逃しなく🙌

Instagramはこちら: y.shisa
Websiteはこちら: https://shisa-yoshimi.studio.design/


この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
画家・企画家|感性科学研究の後、大手私鉄及び関連研究所でのまちづくりや起業家支援事業を経て独立。現在は画業とともに、まちづくり・アート企画、講師、執筆等で官民学と協働。 著作に『スポーツ共創ワークショップ』(スポーツ庁)、共著に『スポーツ/アート』(森話社)等。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。