見出し画像

ユニバーサルスペースに広がる秩序と自由

西和人/Archlife

イリノイ工科大学クラウンホール3/
内部に入ると柱、壁のない均質空間(ユニバーサルスペース)が広がります。
最小限のパーティションのみで仕切られた67m✕37mのワンルームはとても広く、その中でのある種の行動の自由が溢れていた。
基本的には製図室だが、展示やコンサートなど多目的な利用を可能であるとのこと。
音質環境も良く、響かず、この広さが個々の雑音をかき消してくれる。
教育現場としての効率性と経済性、そこに組み込まれた柔軟性への明確な言及、
一つの空間の中で、先生も学生も誰もが自由に行き交い、互いに影響し合って学ぶという、ミースの教育理念が実践されていた。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
西和人/Archlife

建築に関して様々に情報を配信していけたらと考えています。 興味を持っていただける記事作成のため、ご要望や質問等も随時承っております! 何かありましたらkn@archlife.jpまでよろしくお願いいたします!