見出しだよ

最新戦法の事情【豪華版】(2019年6月・振り飛車編)

あらきっぺ

どうも、あらきっぺです。

タイトルに記載されている通り、振り飛車の将棋を見ていきましょう。なお、前回の内容は、こちらからどうぞ。

なお、当記事の注意事項については、こちらをご覧くださいませ。


最新戦法の事情 振り飛車編
(2019.5/1~5/31)


調査対象局は37局。5月も順位戦が指されない時期なので、母数は少なめです。

それでは、戦型ごとに見て行きましょう。


______________________________________________

◆先手中飛車◆


12局出現。出現率は3割を超えており、振り飛車の中では一番人気です。ただ、先月と比較すると取り巻く情勢は大きく変化しています。


前回に述べた通り、居飛車は左美濃の信頼度が落ちているので他の戦法を採用するようになりました。具体的には、舟囲いで銀を繰り出すタイプの将棋が主流になっています。この指し方は大きく分けると、

---------------------------------
(1)超速の後手バージョン
(2)△4四銀早上がり急戦

---------------------------------

という二種類の指し方があります。まずは、(1)の後手超速から見ていきましょう。(第1図)


2019.5.9 第69期大阪王将杯王将戦一次予選 ▲北浜健介八段VS△藤井聡太七戦から抜粋。

この指し方は以前から指されていた作戦ですが、ゴキゲン中飛車の将棋と比較すると一手遅れているので、超速の劣化という側面が気になりました。つまり、居飛車は四段目に銀を上がる手が間に合っていないので、▲5四歩△同歩▲同飛と歩を交換されてしまいます。


ですが、そこから居飛車は工夫を凝らした構想を展開します。△4四銀▲5九飛△5二金右▲3八銀△4二金寄と6一の金をがっちり引き締めたのが好着想でした。(第2図)


この続きをみるには

この続き: 8,220文字 / 画像35枚

記事を購入

300円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あらきっぺ

今後ともよろしくです!