【米国株】売上高ビート(Beat)率ランキング10位から6位
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【米国株】売上高ビート(Beat)率ランキング10位から6位

あおてん

「じっちゃま投資法」を学んでいる皆さんは、
「連続して良い決算を出している、調子に乗っている企業の株を買ってください。」と繰り返し学んでいると思います。
ちなみによい決算とは下記のとおりです。

「良い決算」とは?

  • 1.EPSがコンセンサス予想を上回る

  • 2.売上高がコンセンサス予想を上回る

  • 3.ガイダンスがコンセンサス予想を上回る
    この1, 2, 3 全てがパーフェクトな決算「だけ」を指します。 ひとつでも取りこぼしがあればそれは「悪い決算」です。

じゃあ、どの企業が連続してよい決算を出しているの?

と単純に興味がわいてくるわけですが、なかなか調べるすべがありません。
そこで、今回は良い決算を連続して出している企業を見つける手がかりとして、直近4四半期の売上高が事前コンセンサス予想を大きく上回った企業をランキングしてみました。

今回は下記の条件で調査して第10位から第6位までを発表したいと思います。

【条件】

  • 対象:Russell 1000 の採用企業。

  • 期間:直近の4四半期。

  • 売上高の結果の事前コンセンサス予想に対する対予想ビート(Beat)率((結果ー予想)/予想 )を直近の4四半期について集計し平均のビート(Beat)率を算出。

  • ただし、事前コンセンサス予想に対し4四半期以上連続で上回っている場合のみ集計、1回でも予想に対しマイナスの場合は除く。また、事前コンセンサス予想が出ていない企業も除く。

  • EPSの事前コンセンサス予想のビート率はとりあえず無視。

※事前コンセンサス予想の値はSeeking Alpha(https://seekingalpha.com/)を参考にしています。


それではまずは第10位………


第10位 ORI Old Republic International Corporation(オールド・リパブリック・インターナショナル)
平均対予想ビート(Beat)率:24.3%
セクター:金融
保険持株会社でもともと売上高はずっと事前コンセンサス予想を上回っている企業ですが、コロナ禍からの復活によりさらにビート率が高くなっているようです。ただし、この企業の事前コンセンサスはアナリスト数が1人とかなのであまり予想が参考にならないですね。

第9位 GS The Goldman Sachs Group, Inc.(ゴールドマン・サックス)
平均対予想ビート(Beat)率:24.4%
セクター:金融
もはや説明の必要がないと思いますが、ゴールドマン・サックスです。さすがです。

第8位 KMI Kinder Morgan, Inc. (キンダー・モルガン)
平均対予想ビート(Beat)率:25.0%
セクター:エネルギー
株価はさえないみたいですが、直近の4四半期の売上高のビート率は高くなっています。

第7位 SIVB SVB Financial Group(SVBファイナンシャル・グループ)
平均対予想ビート(Beat)率:25.7%
セクター:金融
もともと安定して成長している銀行・金融の企業ですが、最近の成長率の勢いがすごいです。直近4四半期の成長が加速しているように見えます。株価の上昇も止まらないようです。

そして、第6位は………






第6位 MPC Marathon Petroleum Corporation(マラソン・ペトロリアム)
平均対予想ビート(Beat)率:28.2%

セクター:エネルギー
石油精製・ガソリンスタンドの企業ですが、特に2021年第2四半期と第3四半期(直近)の伸びがえぐいのでランクインしてます。
石油天然ガス生産よりこっちのほうが先に来ているのかな。

という結果でした。
やはり集計したのが2020年第4四半期から2021年第3四半期あたりですので、コロナ禍からの復活ということもあり、金融とエネルギー関係が多いですね。

第5位から第1位、それ以下の順位も、また書きたいと思います。

以上、最後までお読みいただきましてありがとうございます。




ブログでは一覧表についてコピー可能なテーブルとして載せています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでいただきありがとうございます!
あおてん
興味を持った米国企業、米国株のデータやスクリーニングを中心にまとめています。