見出し画像

React社 創業メンバー紹介〜カルチャー編〜

先週まではいろいろReact社の骨格を明らかにするための紹介をしてきましたが、来週から4回に分けてメンバー紹介をさせてもらおうかなと思います。

本日はその序章として、会社カルチャーについて紹介させてもらいます。


創業メンバーの振り返り

React社は現在従業員数4名でパラレルの開発をしていますが、実は僕ら4人は創業後最初のPoisyという位置情報SNSを開発した時からのメンバーでもあります。

Poisyのクローズ後、berryというスクショ読み込みで簡単にグルメ情報を管理できるアプリを開発したりなどその後も様々なアプリを経てパラレルにたどり着きました。

特に、berryクローズ後はパラレル開発着手するまで半年ほど時間が空いたり、会社のお金が来月なくなる・・みたいなタイミングもありましたが「絶対自分らが成功するんだ!」という気持ちで今のメンバーでがんばってきました。


起業を成長の機会と捉える

僕らがなぜこんな苦しいタイミングを乗り越えて一緒にやってこれたのかを考えることがあるのですが、全員に共通しているのは会社に属している感覚ではなく、成長の機会として捉えているからだと思っています。

起業する人や起業した会社に初期から参画する人たちの思いはそれぞれかと思いますが、周りから共通して言われるのは「起業とかよくそんなにリスク取れるね・・」が一番多いです。

でも、僕ら全然リスクだと思っていない(みんなまとめちゃったけどそんなことないかもw)んですよね。

4人の小さい会社ではありますが法人と言われる以上、大企業とやっていることのベースは変わりません。(小さい会社だからと言って大企業は待ってくれないので)

その状態で会社運営を3年もやってみるとわかるんですが、身に付けられるスキルが圧倒的に多いんです。

絶対成功させる気持ちで起業してますが、そもそも僕らの向上させてるスキルセットそのものは市場でも希少性がどんどん高くなっているものだから別にリスクでもなんでもないと思ってます。


会社カルチャー

会社のルールとして定めていることは下記のみです。

・基本全て自動化
・ドキュメント化
・定例は週に一度
・毎日やったこととToDoを共有(夕会)

それ以外は基本的に全て自由。個人の行動を尊重します。


カルチャーとしては、全員PUBG Mobileが好きなので、パラレルを繋いでほぼ毎日夕会後みんなでゲームをしています。

それ以外の時間は基本的にみんな音楽を聴きながら仕事をしているのでほとんど会話はSlackで行われています。

あとは、水曜日はみんなで大体行きつけの定食屋さんに足を運んでランチを楽しんでますが、飲み会は3ヶ月に1回くらいいく感じです。(かなりお酒好きなメンバーですが、飲むと長いので笑)


まとめ

来週から本格的に各メンバーの紹介をして行こうかなと思っているので、詳細はそちらに書きますが、会社全体としての雰囲気が伝わってくれると嬉しいです。

もっと聞いてみたい!と思ってくれたら是非僕まで連絡ください。


エンジニア募集

1. iOS/Androidネイティブエンジニア
2. ユーザー規模の多いリアルタイム通信経験者
3. DB負荷分散などの有識者

基本エンジニアさん全方位で採用してますので、
学生から玄人まで是非お気軽にご応募ください!

https://twitter.com/Joaoki

パラレルの技術スタックについては下記をご覧ください。
https://note.com/aokijou/n/n0e7fd2b45ea9

▼ こんな人におすすめ
1. トラクションの増えてきたプロダクトの開発を経験したい方
2. プロダクトの細部にまでこだわりと愛着が持てる方
3. 日本発のC向けアプリでグローバル進出を狙っている方
4. スモールチームで責任あるポジションで開発したい方
5. ゲーム好きな方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
React Inc. Co-Founder デザイン以外の全ての仕事をやってます。 普段は、開発7割、採用2割、分析・経理など1割って感じの業務内容です。 絶賛採用中なのでお気軽にDMなどください。 https://m.me/aokijou
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。