マガジンのカバー画像

ロンパースルーム DX

安野モヨコ&庵野秀明夫婦のディープな日常を綴ったエッセイ漫画「監督不行届」の文章版である『還暦不行届』のノーカット版、現在連載中のマンガ「後ハッピーマニア」の裏話『後ハピのお話』… もっと読む
¥300 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

ともしび日記 6月24日

ヴーヴのイベントの日、せっかく着物を着たので
そのまま下北沢のラストチャンスさんでやっている
「百葉子の着物図案展」へと向かった。

事前に告知してあったこともあり
たくさんのお客様で店内が賑わっていた。

とにかく皆さまと少しでもお話ししたかったので
テーブルを移動したりして少しずつ
お話しさせてもらったけれど
そう言うことをするとどの方ともちょっとしかお話し出来なくてそれだけが申し訳なかった。

もっとみる

ともしび日記 6月23日

先日ヴーヴ・クリコのイベントに参加してきた。

原宿駅出て左手の橋の手前にあるビルの一面が
象徴的なクリコイエローでパーンと目に入って来る。
華やかで大胆なヴーヴ・クリコにぴったりである。

そもそも私はシャンパン、それもヴーヴ・クリコが大好きなのに「ヴーヴ・クリコ」が
「クリコ未亡人」という意味であることを全く知らなかった。

今回マダム・クリコの生涯を2ページで漫画にしろと言う白目剥くレベルの

もっとみる

ともしび日記 6月6日

遅ればせながら監督の紫綬褒章受章の
お祝い会をやった。
と言っても自宅に
身内と仕事仲間数人を呼んでのごく気軽な集まりだった。

ナンナントウでも監督とロンパースの
紅白饅頭を作って配ることにした。
でも特別なことはそれくらい。

当日は天気に恵まれたのでテラスに出て
みんなで乾杯し、ご近所迷惑にならないよう気をつけながら
さわさわとおしゃべりを楽しんだ。

公私共に近しい仲間に囲まれて
監督も楽

もっとみる

ともしび日記 6月4日

着物図案の展示会をやっとこさ始めることができて
ひと安心した。
気がついたら6月になっていた。
この日記もずいぶん間が空いてしまった。

日記自体は何回も書いたのだけど
全部愚痴みたいな内容だったから載せずに
どんどんボツにしていたら
こんなに時間が経っていて反省している。
で、冒頭の話に戻ると今回は展示会である。

ANNORMAL展をやっていた時によく
モヨコの展示会行ってきた!
と、SNSな

もっとみる

【インタビュー】夫・庵野秀明の「不思議な行動」と才能 安野モヨコは漫画で描く

アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズや、実写映画「シン・ゴジラ」などの監督/総監督で知られる庵野秀明さん。
過去最大の個展が東京・六本木の国立新美術館で開催中で、入場者は約10万人を数え人気を集めている。
2002年に庵野さんと結婚し、最も身近な存在としてその仕事ぶりや生活を見つめてきた、妻で漫画家の安野モヨコさんに、話を聞いた。

 ―庵野さんの仕事ぶりは、どのようにご覧になってきましたか

 カ

もっとみる

【動画】「三匹ちゃん」イラスト原画制作過程

安野モヨコが描く、ねこのキャラクター「三匹ちゃん」。
2022年2月22日の猫の日に、「三匹ちゃん」と彼らが暮らす町「菫青町(きんせいちょう)」のGIFアニメを投稿しました。
本日の記事では、安野モヨコが描いたGIFアニメの原画の制作過程を『ロンパースルームDX』で公開します。

▼「三匹ちゃん」GIFアニメ 原画ペン入れ動画

ともしび日記 4月22日

GW進行がなんとか終わり少しだけホッとできる。
この間に溜まっていたグッズ用のイラストやら
着物図案やらをやろうと張り切っていたら
隣の部屋からサリーちゃんに大声で呼びつけられた。

猫にはいろんな性格の子がいるけど
サリーちゃんは分類するなら穏やかなタイプだと思う。

初対面の人にもおとなしく撫でられるし
全く抵抗せずに身を任せるので獣医さんからは「仏の化身」と呼ばれている。
私が体調が悪い時は

もっとみる

ともしび日記 4月18日

あっという間に4月になって気がついたらもう半分過ぎていた。

昨日はフジテレビの朝の番組にて
伊藤理佐、二ノ宮知子のお2人と鼎談したのが
放映された。

私は自分が映ったものや喋っているものを見たり聞いたりするのがあまり好きではないので
本放送中は仕事をしていて観ていなかった。

いつかほとぼりが冷めたら観ればいい。

朝食も終えてまた仕事に戻ってしばらくしたら
3人のメッセージグループに
「おは

もっとみる

ともしび日記 4月1日

講演会のため今日から旅にでる。
もちろん国内だけど飛行機乗るのも久しぶりで
いろいろ忘れて加減がわからなくなっている。
とりあえずチューブやら液体の小分けボトルのをやたらとジップロックにつめて、もうポーチとかいらないから全部ジップロックでいいやん、みたいな気持ちでいる。

もうジップロックにポーチの絵をプリントすれば良いんじゃない?
どうせならボッテガのポーチとかリアルに描いたら可愛くない?
財布

もっとみる

ともしび日記 3月30日

誕生日から気がつくと何日か過ぎた。
当日は監督といつも行くレストランで夕食を食べ
翌日はごくごく身内の人たちだけで小さな集まりをした。
窓を開けてそれぞれ離れた場所にいるように気をつけながらの会ではあったけど
それだけにみんなの優しい気持ちが伝わって
とても嬉しい1日になった。

スタッフの珠ちゃんは私と2日違いの24日が誕生日だったので雪さんと2人でよなよなやりとりをして
こっそり珠ちゃん家の飼

もっとみる

ともしび日記 3月18日

しばらく香水を買っていなかった。
コロナからこっち深呼吸するのも恐ろしいような
時期もあったりして香りにかまけている余裕を失っていたのかもしれない。

それでも元気のある時などはルームフレグランスや
マスクにスプレーするなどして香りを楽しんだ。

何年か前の展覧会の時にパルファムという
香水のシリーズのイラストを描いたけど
あれは、原材料になる花の蕾や葉っぱなどを
配置して、絵の中で香水を調合した

もっとみる

ともしび日記 3月2日

このような非常時にまたアホみたいなことを
書いてしまうので、不謹慎な人間を許せないタイプのかたはどうか読まないでいただきたい。

こういうこと書くからと言って
戦争について何も考えていないわけではない。
むしろそのことを書き出せば長く深刻なものになってしまう。
そして読むみなさまと同等の知識と情報しか無いので特に有益なものにはならない。
戦争については専門家や学者の書いたものや
ニュースを読むのが

もっとみる

ともしび日記 2月25日

戦争が始まってしまった。
心を痛めている人やこの先に不安を感じる人も多いと思う。
もちろん私もその1人だ。

ロシアは日本にとっても隣国であり、決して対岸の火事ではないからだ。

でも日常をしっかり過ごすことが今は大事なのだと思う。
大変な目にあっている人たちのことを忘れるという意味ではなくて、その人たちを思えばこそ自分たちが浮き足立つわけにいかないのだ。

戦争が始まる前に書いた日記があまりにも

もっとみる

還暦不行届 第十三回 旅の思い出

今年の3月で結婚して20年を迎える。
いまだに私たちが夫婦だと知って驚いている人がいらっしゃるのを散見するけど、まさかこんなに長く一緒にいると思わなかったので自分達でも驚いている。

本当なら20周年記念でどこか旅行にでも行きたいところだが、このご時世では難しい。
大人しく家で過ごすことになりそうだ。

思えばこの20年いろんな場所へ旅行した。
私は忘れん坊なので全部は思い出せないが、今パッと思い

もっとみる