博士の普通の愛情

銀の指輪「4」:博士の普通の愛情

私は自分の目が衰えてきているのに気づいた。老眼などではない。何かしらの病気なのだと思う。…

銀の指輪「3」:博士の普通の愛情

青山にある大型書店に行ってみた。 リリーが言っていた作家の名前を本棚から探す。かなり多く…

銀の指輪「2」:博士の普通の愛情

前回のお話 ----------- 「最近、旦那と会ったの」 「いや、電話では話したけど、彼とは会…

銀の指輪:博士の普通の愛情

ここ最近、食べ物や飲み物などを買いに行く数十分以外は、ずっと仕事場にこもりきりだ。だから…

アンチョビのパスタ:博士の普通の愛情

23歳のとき、僕は地元の船橋から通勤していた。 編集プロダクションの雑用をやっていたので、…

ユカとマリエと母親:博士の普通の愛情

ユカちゃん、僕のファッション、どう思う。 シンジは友だちのユカに聞く。 お洒落ではないけ…

恋愛小説でしょうか。:博士の普通の愛情

「ねえ、今まで読んだ恋愛小説で一番好きなのって、何」 「そう言われると困るな。俺はあまり…

一万円札:博士の普通の愛情

20歳になるかならないかの頃、僕らはある「欲求」に囚われていた。わかっているだろうからもっ…

◎ご報告

以前勤めていた会社の後輩に 10,000円 https://note.com/katahira_bt Anizine「サグラダファ…

鑑識が知った事実:博士の普通の愛情

やや危うい話なので、場所は伏せておく。 僕が毎日のように通っていた、商店街の入り口にある…