見出し画像

「最後」

あまね@ SM短編



あなたの姿を見つけると、息が止まります。
あなたに見つめ返されると、僕の瞳は震えます。
あなたに声をかけられると、耳から溶けた脳味噌が出てきてしまいそう。
あなたに触れてもらうと、感触がいつまでも消えないように。
あなたに与えてもらうすべてが、僕に一生残って消えないように。

僕はもう若くない。
趣味だったSMも、今ではすっかり。

毎日仕事と家の往復。
それでも平凡な幸せがあった。
これが普通。
僕の人生はこのまま平凡に終わる。
嘆きなどではなく、もっとフラット。
僕の生きるこの世は、
地獄と呼ぶほど悲鳴をあげることはなく、
極楽と呼ぶほど浸る事もない。
色のない世界を、すこしだけ浮いた状態でフラフラと。
生きるべき現実とはそんなものだ、そう思っていた。

しかし、それは突然現れた。
隕石のように落ちてきて、僕に大きな穴を開けた。
完結していた僕だけの世界に、懐かしい外の匂い。
めり込んできた美しい女性。
もう二度とないと思っていた。
こんな想いになるなんて。

神様、こんな歳になってからはないでしょう。
だからこそ試練?
いいさ、それならば。
拒否することはない、そもそも僕に選択肢なんてないのだから。
試練を与える…あなたがサドなら、僕はマゾ。
試練を喰らい、息をする。
始まりの予感。
彼女を前にし、心は恐怖で震えた。

のめり込むことはわかっていた。
僕は渇いていた。
求めてしまう辛さを殺し、渇きに慣らした。
ここにきて、僕は自分の渇きと向き合うことになってしまった。
この地にまた雨がふるなんて想像してもいなかった。
いくらでも飲み込んでしまう。
これは歳のせいなのだろうか。
いくらでも許容できる。
与えられるすべてを、もっと。

僕は彼女の前で紳士でいたい。
大人の余裕を持ち、彼女に負担をかけないよう細心の注意を払う。

でも本当のところなんて、若い時と何も変わらない。
髪を優しく撫でてくれる白い手に擦り寄りたい。
抱きしめる強さで、愛の強さを伝えたい。
感じるままに、言葉にしたい。
離れたくない。

“あなたって普段はすごく紳士的よね”

そんな風に言うから、僕は間違わないでいられるよ。

普段のあなたは可愛くて、とても無邪気だ。
若く、エネルギー溢れる魅力で振り回されたい。
僕は静かにあなたを見守る。

密室でのあなたは、とても妖艶で、あなたどころか自分の年齢さえもわからなくなってしまう。
あなたが与えてくれるすべてが、僕にとってはカウントダウンのように刻み込まれていく。

違う、これは悲しい話じゃない。
僕は嬉しい、あなたに感謝してるんだ。

だってあなたには素敵な彼氏がいるでしょう。
偶然見てしまった。
車から降りてきた男性へ無邪気に抱きつくあなたを。
その指輪のデザインは、ペアリング。
あなたを抱きしめた手に見慣れた輝き。

僕は大人だから。
決着をつけない方法を知っている。
愛し方も、諦め方も。
これは悲観なんかじゃない。
僕なりの、ゆるやかな幸福なんだ。
大丈夫。

僕から連絡はしない。
あなたの気分が乗った時でいい。
僕の答えはいつでも「はい」だ。

気づいたら三ヶ月経っていた。
思い出す時はもちろんあった。
ずっと思考に薄い膜を張るような。
だからといって、僕は普通に過ごせる。

通知画面に表示されたあなたの名前。
自分でも驚くぐらい平常心。
タップして開いた画面に映し出された言葉。

「お前からフェードアウトなんて、許さないよ」

ポケットに入れたまま、手を握りしめる。
心から震えが伝わり、足が覚束ない。
こういう時、大人ってのはどうしようもないな。
こんなに昂る気持ちを素直に表す術を忘れた。

あなたが今の僕にとってどれだけ大きな存在か。
あなたが今の僕に、どれだけの輝きを与えてくれるのか。

「ありがとうございます」

これが僕の最後の主従。
最後の恋。

--------------------

お読みいただきありがとうございます。

宜しければ、Twitterフォローお願いします。
主に新しい物語、SM、日常をぼやいています^^♥

::::::::::୨୧::::::::::୨୧::::::::::୨୧:::::::::::୨୧::::::::::
■Twitter
https://twitter.com/amanenoanone

::::::::::୨୧::::::::::୨୧::::::::::୨୧:::::::::::୨୧::::::::::

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あまね@ SM短編

サポートいただけたら嬉しいです。 少しでも多くの癖を刺していきたいと思っています。 よろしくお願いします。

あまね@ SM短編
「あなたの性癖、ぶっ刺したい」 ■Twitter:https://twitter.com/amanegaanone