見出し画像

私はVR風俗市場を切り開く【風俗2.0】

○はじめに

退職後、次の選択肢に悩んでいた。自分は何がしたいのか…。

悩む中でいくつか選択肢が浮かんだ。その中で、他とは圧倒的で比べ物にならない程に実現したいものがひとつあった。

VRによる「究極セックス体験」の実現である

唐突で冗談に聞こえるが、私は大真面目である。VR技術を活用すれば現実世界では不可能なバーチャルセックス体験を生み出せる。

この体験は他のどのVR体験よりも強烈だ。実現する意義が大きいと私は感じていた。考えれば考える程に「これに賭けたい」という想いが強くなった。

私はVR風俗事業に賭けると決心した。

なぜ、それ程までに熱く想いを抱くのか。そもそも「VRによる究極セックス」とはどういうことなのか、この記事を通して私の熱量とこれからの活動を皆さんに伝えたい

○理想の空間で、理想の相手と

VRにおいては、リアル風俗できないセックスが実現できる。物理法則に囚われず、好きな空間/好きな相手と。全く制約のない理想のシチュエーションが構築可能なのだ。

野外でも屋上でも街頭でも…
未来都市でも宇宙でも異世界でも…
金髪美女でも褐色子でも…
ケモっ子でも巨女娘でもロボ娘でも…

想像しただけでも夢のようではないか。

例えば、異世界でロボ娘となんて「現実世界」では到底できない。この他にも、ここに書くのをはばかるようなディープでニッチなものも沢山あるだろう。

VRによって現実ではできなかった、まさに夢のような体験が現実のものになる。

○それはあなた自身さえも

あなたの憧れのシチュエーションは何?

いきなり趣味を語って申し訳ない。私はレズシチュエーションに特別な憧れを持っている。女同士の性行為こそが美しい。私にとって究極のセックスなのだ。

何度あの女の子に混ざりたい。女の子になり代わりたいと思ったことだろう。

ただ、そこには男性が介在してはならない。皮肉にも、私の肉体は男性のため世界に入った瞬間、理想は崩れる

つまり、私は永遠に「自分の体でレズセックスをすること」を叶えられないのだ…。

ここで、また新たにVRの真価が垣間見える。先ほどは「空間と相手の姿」について触れたが、VRには「自分の姿」を変える力がある

そう。皆さんお気付きの通り。

VRなら、現実世界で絶対に叶えられない「男性によるレズセックス」を実現できるのだ。リアル男性の私でもバーチャル女性として、性行為をすることができる。

そこには男性はいない。

相手は勿論、自分自身すらも理想の姿で行為に及べる。皆さんも現実の制約を取り払い、究極的に理想のセックスを想像して欲しい。恐らくそれらは全て、VRであれば実現可能だ。

「ぼくのかんがえたさいきょうのセックス」
これを叶える時がきた。


○実現はいつになるか

魅力は分かったが、絵に描いた餅では仕方がない。VR風俗サービスはいつ開業できそうなのか、具体的な動きと予定をお話する。

そもそもVR風俗の前例がないので、調査なども必要である。そして、性行為を扱うサービスである以上、風営法の届出等の壁が多い。無料でやる場合は問題ないが、事業としてやる場合には申請が必要なのだ。

では、まだ実現は遠いのか…

安心して欲しい。

実は既に半年前から水面下でSweet+という組織を立ち上げ、実現に向け活動を進めている。これにはアダルトVTuberのバーチャルAV女優Karin氏も参画しており、サービス構想も固めている段階にある。

また他のメンバーの活動により、必要な届出の整理や独自システム開発着手など、必要なピースは揃いつつある

そう遠くない未来、早ければ今年12月末から来年1月中には開業できる予定だ。できる限り早く提供できるよう努力する。ぜひ楽しみに待っていて欲しい。


○さいごに

これから、会社も設立して全身全霊で挑戦します!難しい領域ではありますが、私は信念をもってこの領域に勝負をかけます

サービス開始に向けてVR風俗嬢として働きたい人を絶賛募集中です!バーチャルなので性別容姿は問いません。お気軽にTwitterまでご連絡ください😉

また、協力してくれる方や興味のある方も是非お声がけ頂ければ幸いです。

究極セックスの実現し、私なりにVRの未来に貢献します!

VRによる「究極セックス体験」をお楽しみに。


最後に皆さまに簡単なお願いがあります。サービスをより良いものにする為、匿名アンケートにご回答頂ければ嬉しいです🙇‍♀️

こちら【風俗サービス匿名アンケート


もし個人的に応援をいただけます方は【コチラ】まで

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あまおかが鶏肉ではなく牛肉で、ちょっと贅沢できます!

大好きです!
120
VRの近未来を発信するバ美肉エバンジェリスト【xR技術者イベント #すたみと 主催】【#VVTV 所属】【日本VR学会認定VR技術者】【とくダネ! / NHK ねほりんぱほりんバ美肉特集で地上波デビュー!】

この記事が入っているマガジン

Virtual Life
Virtual Life
  • 10723本

バーチャルとリアルの行方

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。