拳銃16

アリシア・スノウが死ぬまでの48時間

「やっとわかった。わたしがあんたにできる、たったひとつの一撃。喰らいな、クソ野郎、そしてさよなら」
そしてアリシア・スノウは、自分のこめかみに向けて引き金を引いた。

48時間前。
アリシア・スノウはいつものように、アリシア・プライベート・セキュリティ(APS)事務所兼自宅の安ソファで目覚めた。いつものように荒れ果てた部屋、いつものように酷い二日酔い、いつものように最悪の目覚め。何かが違う。

彼女の日常はシンプルだ。APSの評判を聞きつけて街中から訪れた女の依頼を聞き、依頼人の亭主やヒモやストーカーをブチのめし、その報酬で酒を飲み、時々はその辺りで捕まえた男とファックする。昨日もそうだった。だが今朝は何かが違う。

二日酔いの頭痛にこらえながら、ミルクを飲もうと冷蔵庫の戸を開く。
冷蔵庫の中にはミルクと、女の首。昨日の依頼人、カーラ・アンダーソンの首だった。
パトカーの音が近づいてくる。

ハメられた。

(続く)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
49

こちらでもピックアップされています

第1回逆噴射小説大賞:二次選考通過作品まとめ
第1回逆噴射小説大賞:二次選考通過作品まとめ
  • 255本

第1回逆噴射小説大賞 ( https://diehardtales.com/n/nfce422e0faef )の二次選考通過作品をまとめたマガジンです。応募総数は約1900作品でした。

コメント (1)
これは、なんか、すごい見事に続き読みたいです。きれいな400文字!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。