イキタハナシ

59

卵焼き

“卵焼き”
それは熱したフライパンにグルグル溶いた卵を少しずつ流し込み
クルクルっと巻き上げてできあがる料理

こんなシンプルな料理なのに
なぜ、あんなにもそれぞれの家庭で味が違うんだろう

この卵焼きに含まれる(と思われる)“あれ”を
解き明かしてみたいとおもう

我が家は一緒に暮らし始めた頃から変わらず
妻のふんわり優しいだし巻き卵だ

最近、僕は役所のような場所に週2日勤めるようになった

もっとみる

春分、満月 新しい時代
豊かさ は 時間
豊かさ は 仲間
豊かさ は 居間
豊かさ は 隙間
個の時代から 間の時代に
固まる方向から広がる方向へ
間抜けや間違いを嬉しんでく
言葉そのものより 行間を
関係そのものより 間合を
目や耳や頭で集める情報より
肌感や匂いや“なんとなく“を大事にできる
あ、うん の時代
いうなれば
テレパティックピープルの時代ともいう
仲間との間に

もっとみる

アリーって何者?

アリーって 何者?
と 時々。
答えに窮してしまう。。

アリー は アリー である 笑
(吾輩は猫であるぐらいの口調で)
私は何々である と 表明した瞬間に
相手のメモリーにある “それ”らしきものの引き出しに分類され
その引き出しを“はいわかりました”と閉じることで安心する。
まるでそれ以外の私になんか興味ないわよとばかりに。
カシャンと シャッター1枚、ある瞬間を切り取って
生の

もっとみる

台風一過

ここまできたら
もうあっけらかんと
そういうとこだから
こういうことだからと
ゴクリとのみこんでくさ
大雪が毎年積もる場所で
ごきげんに暮らしを紡ぐ人がいるように
大雨が毎週降る場所で
ごきげんに暮らしを作って行くんだもの
にんげんはそうやって
自然に順応して生きてきたんやと思うし
嘆いても凹んでも日は昇りまた沈む
昨日とはうってかわって
文字通り
あっけらかんと晴れた今日、
さっさと引いた水と

もっとみる

俺の切実な問題

孤独死 やだ
セルフネグレクト やだ
でも ひとりぼっちになって
誰からも 忘れられて いないことになったら
きっと そうしてしまいそう
セルフネグレクト やだ
孤独死 やだ
だから望まない孤立のない世界を
俺は俺の見えてる世界につくるべく
俺は俺のシゴトをしてるつもりになってる
苦しくて逝くより
痛がって逝くより
さみしくて逝くのが やだ 
だから。。。。
https://news.livedo

もっとみる

告知事項あり

あるお家を見に行った
”告知事項あり”と図面にあるお家
その意味は多くの場合
そのお家で誰かが亡くなったということ
そこにたまたま持ち主さんがこられた
若いとても誠実そうな方だ
聞くと去年から休みの日はずっと
このお家に通って片付けをしているという
4−5ヶ月かけて実家であるこの家の荷物を全部片付けて
いろんなところを綺麗に磨いて磨いて掃除して
やっと売りに出したところだという
その方の生まれ育っ

もっとみる

バイト売るエンデミック

バイトウルエンデミック
ー 金菌にコロされた あやか ー

表参道でのインスタレーション
おおの あやか ヒトシ アオヤギ ALI-KA
映像、紙、音、インク

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

創造性は いつ消えるのか
アートと 金は 両立するのか

金菌 は 創造性を食い物に 人の中に寄生して
ただ 己をパンデミックするためだけに 増殖する

世界中の 創造性を 食い尽くし すべてを 金

もっとみる

私たちは買われた

『私たちは買われた』展@千葉
高3の娘と行ってきた。

俺が中学の時も
隣町の小学校でウリが流行ってると噂になっていた
当時アウトローど真ん中の俺でも
「小学生?マジか。あかんやろそれ」
って思ったのを思い出す

俺も誰も何も信じられなくなった時
ただ肌の温もりを求めた時期がある
その時のことは誰にも話せへんけど
そんなことは別に大した事じゃない

その事が今の俺を作ってるとも言えるから

どこに

もっとみる

選ばれるとかクソ

なんかほんま
選ぶとか選ばれるとかなんなんやろ

やりたい!やる!って懸命なやつが
めぇキラキラさせて
やりたいことやりたいようにやって
けっつまづいて 誰かに出逢って
グズグズいうて 泣くだけ泣いて
また起き上がって トボトボ歩き出す
ただそれだけのこと 

それでええのになー

お前には無理無理って
ずっと鼻で笑われて
選ばれるとかいうところには
縁もゆかりもないほど遠いけど

うっせんじゃボ

もっとみる

『泥棒さん 正月なのに ゴメン』

いやぁ今年も始まったばかりというのに
早速、オモローなことがありましたよ。
母親のところに皆んなで帰っていて
家に戻ってきたら なんか床がジャリっとする。

よくよくみると家の中そこらじゅうに 靴あとが。

キャー、何何何何ーーー!
キャー、窓が割られてるーーーーーーー!

え?え?え?え?え?
誰かいる?
ちょっとちょっとちょっとちょっと、パパ〜
(もうすでにこの辺りで若干
面白くなってきてる俺

もっとみる