見出し画像

ナポリ国立考古学博物館

<イタリア旅行記(2019年夏・南イタリア横断)no.79>

ナポリで、もうひとつ訪れておきたかった場所、
ナポリ国立考古学博物館(Museo Archeologico Nazionale di Napoli)

16世紀に建てられ、18世紀から博物館として活用されている大きな館には、
紀元前時代の模刻や、大理石彫刻。
特に、ヴェスヴィオ山の大噴火(紀元後79年)で、火山灰に飲み込まれてしまった町・ポンペイ(Pompei)や、エルコラーノ(ercolano)から発掘品が多く展示されています。

15年前、ポンペイの遺跡(Pompei Scavi)を訪れたことがあり、
この博物館にも、いつか!っと思っていたんですよね。

画像1

ナポリ国立考古学博物館・入口
(Museo Archeologico Nazionale di Napoli)

入場券購入までに、10分程並びましたが、その後は、すぐ入場できました。

ゆっくり見ていたら、かなりの時間を必要とする、本当に大きな博物館。
今回は、見るべきものを決めて、廻りました。

画像3

中庭側の廊下(Corridoio per il cortile)

展示室に通じる廊下にも、発掘された紀元前の彫刻、模刻が、沢山置かれていました。
これらを、ゆっくり見ていたら、この廊下だけでも、時間がかかりそうな、魅力的なものばかり。
少しペースを上げながら、見学します。

そして、廊下を突き抜けた広場に、最初の目的の作品がありました。
こちら!

画像2

ファルネーゼの雄牛(Toro Farnese)

正式名は、「ディルケーの拷問(Dirke Torture)」。
16世紀に、ローマのカラカラ浴場跡(Terme di Caracalla)で発掘された、巨大な彫刻群です。

左下の女性が、王妃ディルケ。
彼女に、母親を虐待された2人の兄弟が、雄牛に、彼女を縛り付けて拷問している様子を表現しています。

画像8

右手から見た様子

ぐるりと、作品の周りを巡り、色々な角度から、ゆっくりと眺めていると、
この彫刻群の素晴らしさが伝わってきます。
まさに、今にも、動きだしそうな、その荒々しさ。
凄いです。

さあ、次の目的は、中二階。
ポンペイ、エルコラーノの古代遺跡で発掘された作品が展示されているフロアです。

紀元前に造られたモザイク画や絵画、彫像が多く置かれていました。

画像4

画像9

当時、犬のモザイク画は、家の玄関によく造られていて、
それは、「猛犬に注意!」を、意味していたそうですよ。
面白いですよね。

画像10

この緻密なモザイクの柱。
モザイク好きの私は、堪りません。
この技術が、紀元前の頃からあったと考えると、本当に、素晴らしい。

そして、一番、見たかった彫像がこちら!

画像5

踊る牧神像(Fauno)・オリジナル

ポンペイの、最大の貴族・ファウヌスの家(Casa del Fauno)。
その豪邸敷地内で発掘されたオリジナルの彫像です。
以前は、ケースに入っていたそうですが、今回は、そのまま展示されていました。

私は、彫刻の美しいラインが、何とも言えず、大好きです。
この牧神像も、然り。
躍動感、そして、艶やかさ、本当に美しい…。

15年前、ポンペイを訪れた時に、この牧神像のレプリカも見ていました。
こちらです。

画像6

画像7

「踊る牧神像(Fauno)」のレプリカ
2005年秋・ポンペイ(Pompei)にて

ポンペイ遺跡内にある、開放的なアトリウムの中央に置かれています。

オリジナルと同じように模刻されたブロンズ像。
もちろん、このレプリカの方が、断然、新しいのですが、
表情と言い、色と言い、オリジナルと比べると躍動感も薄れ、野外に吹き曝しにされていた長い年月を感じさせます。

でも、これも歴史。
あれから、15年経過してますから、今は、この時以上に、変化しているかもしれません。
そんなことを考えると、また、ポンペイに行きたくなってきます。

再訪する時は、私も、年月を経ています。
私自身の感性も変わってきていて、きっと、見え方、魅了される部分が違うのではと思うと、なんだかワクワクしちゃいます。

再訪できる時を、楽しみに…。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie !感激です!✨
8
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、お問い合わせ等はこちら→ http://albero-cooking.com/

こちらでもピックアップされています

アート
アート
  • 62本

美術、本、映画、音楽、お気に入りのアート情報を書いてきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。