見出し画像

【レストラン情報】カステルサルドでの昼食

<イタリア旅行記(2009年夏・サルデーニャ島&ローマ)no.16>

カステルサルド(Castersardo)での、昼食。
お土産屋さんに聞いて、お薦めのお店に向かいました!

テラス席から、海が見えるそうで。
もちろん、私も、テラス席へ。

海が、よく見えます。
でも、陽射しが、かなり強いので、せめて食事中は、日陰で…、と
ひとつ奥の席で、頂くことにしました。

まずは、お料理に合して、キリリっと冷えた白ワインを、お願いします。

画像4

白ワイン(Vino Bianco)

ハーブボトルを注文。
ちょうど、グラス2杯、プラス α 程の量でしょうか。

どうしても、この地域でしか飲めない!っというワインで、
フルボトルしかない時は、それを、注文することもあります。
もちろん、一人では、飲みきれないのですが…。

でも、大丈夫。
残ったワインは、お店の方が「まかないの時」に、飲みますし、
珍しいワインであれば、なおさら、ワインを勉強している未来のソムリエさんに、" 心付け "として、意識的に残してあげるのも、ひとつです。
なかなか、珍しいワインを飲めないのは、皆、同じですからね。

さて、お料理ですが…。
この日は、ちょっと珍しい前菜からスタートしました。

画像4

エイのトマト煮(Razza con salsa di pomodoro)

以前、シチリアのカターニャ(Catagna)の市場で見かけたことが
あったのですが、食べるのは初めて。

白身魚ですが、しっかりとした歯ごたえ。

シュ~っと長い軟骨があるのが、エイなんだなっと感じさせてくれます。
なかなか、食べ応えがありました。

画像4

いかの炭火焼き(Calamari alla griglia)

無性に、炭火の香ばしいいか焼きが、食べたくなって…。
味付けは、塩のみ。
食べる時に、きゅっとレモンを絞り、オリーブオイルをたっぷりかけるのですが、これが、なんとも、美味しいんですよね。

「Simple is the best」、イタリア語だと、「Semplice è il migliore」

こういうお料理を食べると、本当に、そう思います。

画像4

セバダス(Sebadas)

最後は、やっぱり、サルデーニャ島伝統菓子で、締めくくり。
お店によっても、味が違うんですよね。
ここでは、レモンの風味が強く、爽やかさを感じました。

お魚料理を満喫した、昼食。
さあ、帰りのバス時間まで、再び、散策。
カステルサルドの海景色を、楽しみました。

               **************

この続きをみるには

この続き: 379文字

【レストラン情報】カステルサルドでの昼食

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie!ありがとうございます!🍀
11
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。 コックとして現地で料理修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 料理教室、仕事依頼等はこちらから → http://albero-cooking.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。