見出し画像

レッチェのへ帰路 & 美しい夕景

<イタリア旅行記(2019年夏・南イタリア横断)no.14>

ポリニャーノ・ア・マーレ(Polignano a Mare)から、レッチェ(Lecce)に帰る時。

往路と同様、モノーポリ(Monopoli)駅で列車を乗り換えます。
ここで、列車運行の掲示板を見ると、「60分遅れ」「90分遅れ」と、今からの列車は、全て大幅な遅延との表示が。
イタリア鉄道の遅延は、日常茶飯事なので、またか…と思うのですが、帰る時に遭遇してしまうと、ドッと疲れが増しちゃいますよね。

そうか…、さあ、どうするか…と思いながら、掲示板を眺めていると、
うん?
遅れている列車が、もうすぐ来る…??
おっ!
やった!!と、数分前に増した疲れが、飛んでいきます!

「レッチェ(Lecce)」行き
「15:26発  70分遅れ(Ritardo)」
現在の時刻:16:40 (右の時計)

待つこと10分程。
無事、列車に乗ることができました。

レッチェまでは、普通(Regionale)で、約1時間15分。
18時頃には、レッチェ駅に到着して、B&Bまで歩いて15分程…。
ふむ、ふむ、ふむ…、18時半頃には帰れるかな。
ポリニャーノのあの美しいアドリア海を思い出しながら、帰路につきました。

部屋に戻ったら、まずは、洗濯。
もちろん、洗濯機はないので、洗面台を利用して、ジャブジャブと手洗いをして、ギュッと手で絞ってから、干していきます。
「絞る」と言っても、人力では、絞り切れてなくて、ポタポタ水が落ちる感じ。
いつも、乾くまでに時間が掛かるのですが、レッチェは、空気が乾燥しているので、とにかく良く乾きました。
これも、嬉しい旅のひとコマです。

そして、今日一日の情報諸々を整理して、明日の準備。
今回は、Instagramにも、記事をアップしていたので、写真の精査等々…。
意外と、やる事があるんですよね。

ふと、窓の外を見ると、素晴らしい夕景がありました。

B&Bの部屋からの夕景(Vista serale dalla camera del B&B)

こんな景色を見たら、一気に、元気を取り戻しますよね。
さあ、明日も、日帰りの旅。
丘の街・オストゥーニ(Ostuni)を目指します!

             *******************

食の工房オフィスアルベロ公式 Instagram




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie!ありがとうございます!🍀
4
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。 大好きなイタリア全20州を巡った旅行記、アルベロの活動、美味しい情報を記録として綴っていきます。 アルベロレシピ集有料マガジンも作成予定。 料理教室のお申込、仕事依頼等はこちらから → http://albero-cooking.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。