見出し画像

レッチェでの朝食➀パスティッチョット

<イタリア旅行記(2019年夏・南イタリア横断)no.9>

レッチェ(Lecce)の朝。
部屋から見えるドゥオーモの鐘楼の周りには、ツバメが沢山飛び交っています。

この日も、雲ひとつない晴天。
朝、この空を見れると、ぐぐっと、気持ちにギアが入りますよね。
朝の準備時には、いつもの、テレビ・ニュース番組で、お天気もチェック。

この日は、6/28(金:Venerdi)。
レッチェは、長靴のヒール部分で、しっかり「晴れ」マーク。
最低気温は、バリ(Bari)を参照に、22℃、最高気温は、32℃位かな…。

旅の最終滞在地となるナポリ(Napoli)は、なんと!最高気温36℃!
なるほど、なるほど、しっかり水分補給もしなくては…です。
さあ、準備が出来ました。
朝食をとりにいきましょう!

レッチェで滞在したB&Bの朝食は、近くのカッフェに食べに行くスタイル。
チェックイン時に、宿泊日数分もらった朝食カードを持参して、向かいます。

ここで、朝食カードを渡して、飲み物とパスト(Pasto:菓子類)を頼みました。

レッチェ風パスティッチョット(Pasticciotto Leccese)
& カプチーノ(Cappucino)

パスティッチョットは、南イタリア、特に、ここサレント半島(プーリア州)、レッチェで作られている伝統的焼菓子です。
甘いクッキー生地の中に、カスタードクリームが入っています。

中のクリームが、レモン風味であったり、チョコレートクリーム、ピスタチオクリーム等、色々なバリエーションを作っているお店もあるそうです。

手のひらに、ちょこんと乗るくらいの大きさですが、食べてみると、なかなかのボリュームです。

さあ、しっかり朝食もとれたし、今から、レッチェ駅へ…。
この日は、鉄道に乗って、ポリニャーノ・ア・マーレ(Polignano a Mare)に向かいます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie!ありがとうございます!🍀
7
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。 大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「オフィスアルベロ・レシピ集」もスタート。 料理教室のお申込、仕事依頼等はこちらから → http://albero-cooking.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。