見出し画像

敵は向こうからPOPしてくる

 網膜に《2nd wave》が映った。
 
 もうかよ。魔法で乳房を引っ込ませ、アーマーを装着すると、戦艦の残骸を登って無限に広げる草原を眺めた。接近している物体は3つ。赤、黃、白。残像を残しながら凄まじい速度で走ってくる。まるで地上の彗星か、稲妻か。超速者(スピードスター)だ。
 
 距離はあと5キロ、3、1、今だ。
 
 パチッ!ズバッ!私が指を鳴らすと同時に半径500mのプラズマ・ドームが展開し、格子状に織り交ぜたったプラズマが黄色い奴を数百個のサイコロステーキに変えた。赤と白は無事。体の分子を加速して透過させたか。小癪。白い奴の手刀が私の喉に突き出す。

 バグン! リアクター・バリアに接触した瞬間、奴の手が爆ぜた。返しの手刀で奴の首を刎ね飛ばし、それと同時に、赤い拳の雨は私に降り注いだ。身を丸めて耐えながらも骨が数本折れたとわかった。次のバリアがチャージするまで1秒が掛かる、今の私には遅すぎる。さて、どうするか。

(続く)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

当アカウントは軽率送金をお勧めします。

10
貴方の人生においてなんの役にも立たない作品を目指しています。誤字がひどいですので見つけたら教えてください。

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
  • 1857本

「逆噴射小説大賞」とは、ダイハードテイルズ出版局が主催し、社会派コラムニストの逆噴射聡一郎先生が審査員に加わる、コンテンポラリーで由緒あるパルプ小説大賞です。今回の本文文字制限は400文字以内です。しかしこれは「400文字以内で物語を完結すること」という意味ではなく「小説の冒頭部400文字で応募する」という意味です。つまり「この続きを読みたいと思わせる、最もエキサイティングなパルプ小説の冒頭400文字」を表現した作品が大賞を受賞し、その応募者は大賞の栄誉とともにCORONAビール1カートン(24本入り)を獲得できます。 応募要項:https://diehardtales.com/n/nfce422e0faef

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。