鹿レバーパテ(レバーペースト)
見出し画像

鹿レバーパテ(レバーペースト)

鹿レバーを使ってレバーパテ(レバーペースト)を作りました。もともとパテは好きですが、自作したことは一度もなく、店で食べるか市販のものを購入していました。また、これまでに食べてきたパテのほとんどは鶏レバーか、まれに豚レバーを使ったもので、鹿レバーはおろか、牛や羊やヤギレバーのパテも、ほとんど食べた記憶がありません。そこで、とりあえず牛レバーのパテの作り方を探して、その要領で鹿レバーパテ、なるものを創作してみました。

材料:鹿レバー、玉ねぎ、にんにく、にんじん、赤ワイン、ローズマリー、タイム、オレガノ、ローリエ、塩、こしょう、バター、(セロリ)

1、玉ねぎ、にんじん、を適当な大きさに切ってしっかり炒める。

鹿のレバーペースト1

2、レバー表面の薄皮を剥ぎ取り、適当な大きさに切って流水に浸し血を抜く。

鹿のレバーペースト2

鹿のレバーペースト3

3、鹿レバーを下茹でし、よく洗って汚れを取り除く。

鹿のレバーペースト5

4、ローズマリー、タイム、にんにく、塩こしょうと一緒に鹿レバーを炒める。

鹿のレバーペースト4

鹿のレバーペースト6

5、鹿レバーと、炒めておいた玉ねぎ、にんじんを合わせ、オレガノ、ローリエ、赤ワインを加えて煮詰める。

鹿のレバーペースト8

6、ローリエを取り除いた残りをフードプロセッサーでペースト状にする。

鹿のレバーペースト9

7、少し冷ましてから、最後にバターを加えてフードプロセッサーでペーストに混ぜ込む。塩こしょうで味を整える。

鹿のレバーペースト10

8、クラッカーやバゲットを添えて、出来上がり。

鹿のレバーペースト11

まとめ:見た目は微妙ですが、まずまずの出来でした。ハーブとバターのおかげですね。ワインのつまみにぴったりでした。試食に参加してくた友人も「おいしい」と言って食べてくれましたし、姉も「悪くない」と及第点は出ました。もしかしたら全部捨てる羽目になるかもな・・・と、あまり期待せずに作ったパテでしたが、十分食べられます。めちゃくちゃ美味しい!ってほどでもないですが、別にお店をやってるわけじゃないのでOKです。ただし次回作ることがあったら、もうちょっと工夫したいです。煮詰める時にもっと水分をとばす、バターの量を減らす。セロリを加える・・・など。バターの量が多ければおいしくなりますが、あまり多いとさすがにくどくて少ししか食べられないですし、その一方で自作のパテは保存料も入っていないので、早目に食べ切る必要があります。だから次はセロリなどを加えて、もうちょっとあっさりした食べやすいパテにしたいです。作る量ももっと減らして、希少性を高める作戦でいきたいと思います。

鹿のレバーペースト16

ジビエの手引き *ジビエお料理リスト *ジビエをおいしく食べるコツ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!