見出し画像

iPadでアニメーションつくってみた

iPadのアプリprocreateを使って、アニメーションをつくってみました。procreateは絵を描くアプリとして描き心地がphotoshopに似ていて、ブラシがいろいろと選べたり、好きなブラシをダウンロードしたりできるのでよく使っています。

すこしずつ動きを変えた絵を何枚もレイヤーに分けて描くことで、パラパラ漫画のようなアニメーションを作ることができるので、試してみました!

画像1

最初は線画だけでやってみました。それから色をつけてみました。procreateは作成できるレイヤー数に限りがあるので、色のレイヤーは合体させて軽くするのが良いです。

画像2

一秒間にどれくらいのフレームを表示させるか、画質をどうするかも設定できます。
ですが、今回初めてprocreateでアニメーションを作ったので、こまかい画質の設定ができず、photoshopで色数を少なく設定して軽めに出力しなおしました。

またやってみようと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
励みになります!
4
イラストレーターです。デザインもします。akikomaegawa.com