見出し画像

応募がこない..!スカウト返信もこない..!を打破したお話し。

こんにちは。CASTER BIZ recruiting でリクルーターをしているあっきーです。

今日は、前回に続き「リクルーターとして私がやったこと」
シリーズ第2弾をご紹介していこうと思います。

・リクルーターって何しているの?
・どこに向かってるの?

と思われた方は、前回の記事に詳しく書いてるのでご参照頂けると嬉しいです。

今日のテーマは...

リクルーターとして私がやったこと〜エンジニア採用編〜」


本題に入る前に、エンジニアの採用市場について少し触れたいと思います。

# エンジニア採用の現状

エンジニア採用=「超売り手市場」と言われています。

こちらの有効求人倍率を見ていただくとわかるように
「技術系(IT・通信)」は10倍以上で他職種の約5倍。

エンジニアがいない。そして、欲しい企業が増えている現状において、採用の難易度は非常に高いと考えられています。

【職種毎の有効求人倍率】
・営業系 2.23倍
・企画・管理系 2.05倍
・クリエイティブ系 1.56倍
・事務・アシスタント系 0.29倍
・技術系(IT・通信) 10.71倍
(引用:doda転職求人倍率レポート)

私は現在、複数社の様々な職種のエンジニア採用に携わっているのですが、
日々課題が尽きることがないですし、
施策→検証を繰り返しながら模索し続ける毎日を送っています。

今日は、私が担当しているクライアントの事例をもとに、
エンジニア採用の課題アクションその後の変化をご紹介してみたいと思います!

# 課題の深掘り


職種:サーバーサイドエンジニア

自社サービスのサーバーサイドエンジニアの募集にて、母集団形成に苦戦
以下の要件で求人票を公開、媒体のデータベースからターゲットとなる候補者へスカウトメッセージを送っていました。

必須要件
・サーバーサイドの開発経験(2年以上)
・アプリケーションの開発運用の経験のある方

歓迎要件
・自社プロダクト(サービス)の開発経験
・AWS, GCPを用いたサービスの開発/運用経験
・JavaScript の深い知識があること
・新しい技術を積極的に取り入れていきたい方
・Ruby on Rails, Django を用いた開発経験
・React, Angular などを用いた開発経験
・webpack, gulp, gruntなどを用いたフロントエンド開発環境の構築経験


媒体のデータベースには一定数いますし、特段高い要件ではないのですが
応募者の流入がほとんどない時期が続きました。

そこで、早速社内のチームメンバーへ相談!

実際のSlackでのやり取りを一部お見せします。

※弊社の職場となるSlackについて詳しく書かれている記事はこちら。


>あっきー

画像2

>CS

画像2

>原稿担当

画像3


>エンジニア

画像4


このようにチームのメンバーへ相談すると、様々な視点からアドバイスをもらえます。
リモートとは思えないほどのスピード感で、次に取るべきアクションについて、以下のように情報整理ができますし、結果ぐんぐん施策を前に進めることができるのです。

・技術志向<サービス志向があう 
→本当に?
・エンジニアインタビュー 
→最近入社した方の声は改善のヒントになりそう。
・少数勢だからこそ、ジャンル問わず活躍できる点の打ち出し 
→その手もあったか。
(こちらは後々、新たな打ち出しのきっかけになりました)
・プロダクト強化なのか組織強化なのかどっちつかず 
→情報を盛り込みすぎた....

# アクション

早速、現場のエンジニアへインタビューを実施し、以下の事柄を改善。

①入社したエンジニアの声を追加
実際に働いているエンジニアの方々へインタビューを行い、
現場のエンジニアの声をダイレクトに求人原稿へ反映。

具体的には、実際開発に携わってみて他社と違う点、やりがい、開発環境、今後の目標、描けるキャリアパスなど深掘りしていきました。

・技術向上がサービスのグロースに繋がるやりがい
・新たな言語を学べる
・面接での希望を鑑みた配属
・顧客の要望がいち早く共有される
・得意領域で経験を磨きさらに広い領域へ挑戦できる

②打ち出しの変更

【開発領域や言語も選択できる〜〜】のような打ち出しを求人タイトルへ。
・本文にも【開発の段階で適した言語を選択できます!〜〜〜サーバーサイドエンジニア】と訴求

現場のエンジニアの生の声を聞くことで
新たな訴求ポイントの発見にも繋げることができ、訴求すべき点が明確に見えた良い機会だったと感じます。

# その後の変化

<自己応募>
※原稿公開1週間での数値です

【before】

PV65 応募3 応募率4.6%  通過0 通過率0%

【after】

PV67 応募5 応募率7.5%  通過3 通過率60%


<スカウト>
※この媒体の平均返信率は3%でした

【before】

配信数28名/返信1名(4%)


【after】

配信数32名/返信3名(9%)

スカウト返信5%UP!
自己応募ではPVの変化はほとんど見られなかったのですが、書類通過が0から一気に3名にUPし、企業と求職者マッチングの精度が上がった事例でした。

本日は以上です!

# さいごに

自社にマッチしたエンジニアと巡り会えない、
採用戦略に不安がある方や、何から始めたら良いかわからないなど悩んでる方がおりましたら、
CASTER BIZ recruitingで無料のご相談会もご用意しています!お気軽にお申し込みください。


CASTER BIZ recruitingのサービス内容について、詳しく知りたい!という方は資料ダウンロードからお願いします。

採用に関連する情報はこちらのマガジンで発信しています!


#リモートワーク #リクルーター #株式会社キャスター #CASTERBIZrecruitingのひとZUKAN


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
23
CASTER BIZ recruiting リクルーター/仙台在住 # fitness # 健康オタク