見出し画像

[イベント]"iOSDCのスタッフ"やってみた

9/1,2とiOSDC の当日スタッフをやっていました。ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました。iOSDCに参加したことはなく、現状iOSの開発をしていない状態の自分ですが、年々状況に疎くなるのは避けたいなーとの思いで折角ならスタッフ側で参加してみるのがいいんじゃない?と思いたち、やってみました。思ったこと、3つ。

1. スタッフにはiOSでない人が案外いる!?そして多い!!

2. 酒がありすぎなカンファレンス!?

3. とても疲れた、でも楽しかった!!

1. スタッフにはiOSでない人が案外いる!?そして多い!!

自分も昔書いたことがあるとはいえ、現役ではないのでなんともな状況なんですけど、案外スタッフにiOSでない人が結構いるのにはびっくりしました。技術者が集まるイベントを盛り上げたいというモチベーションなのかな、と感じました。一方でiOSな方もいるので、そういう方に、スタッフ打ち上げのときに、セッションは聞けたか、どのセッションが面白かったか、という内容をいろいろ聞けたのが、面白かったです。そしてスタッフ全体の人数はとても多く、これが良い循環な気がしました。どこに言っても人が足りないと言われる世の中で、潤沢なリソースが用意されているのは、なんかおれこういう潤沢なリソースの現場で開発をしたいんだけど、って思わざるを得ない状態でした。マジ尊い。

2. 酒がありすぎなカンファレンス!?

スタッフの仕事の大半は酒を用意することなのではないか、と思うくらいに酒が潤沢に用意されていました。しかもクラフトビールが用意されて、クラフトビール好きのエンジニアであれば、iOSエンジニアでなくても、iOSをちょっと勉強がてらカンファレンスで出れば元が取れるんじゃないか、と思うくらいにビールがある。LTの最中に配ったりとか。というか、ドブ漬けなんて手間かかりまくりなんだけど、冷えてるビールをゴクゴク飲めて、控えめに言って最高です。

3. とても疲れた、でも楽しかった!!

スタッフの集合は朝八時で、会社で働き始めるよりも速く、まじでiOSDCスタッフの朝は早い状態でした。立ち仕事が多くヘトヘトに疲れたんですけど、まあ楽しかった。技術に対してワクワクする時間を提供する、というのは楽しいなぁ、と感じます。

まとめ

来年もスタッフやりたいな!!その前に他のカンファレンスのスタッフもやりたいな!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
しがないエソヅニアここではエンジニアリングネタは自重してエンタメ&ビジネスネタ全般をボソボソつぶやいていこうと思っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。