新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

華やかなマツムシソウ

阿迦奢らうんじ

マツムシが鳴く頃に咲くので、マツムシソウ。と言うことは、写真としての表現は、わりと自由な気もするが、マツムシが鳴く秋を連想させるのは、この花の華やかさから、難しいかもしれない。気象変動の中、秋の訪れを表現するのが難しいが、チャレンジしがいのある、被写体としても好きな花だ。

画像1

2021年 霧ヶ峰高原、八島湿原にて

昨年の出会いから1年、まだ緊急事態宣言は続き、収まる気配がないまま、再び出会いを求めて霧ヶ峰高原へ撮影に出掛けた。

望遠レンズで狙う

八島湿原に限らず、立ち入り禁止区域では、望遠レンズで撮影することになる。花そのものもそうだが、探し求めるのは、背景だ。背景がボケてくれて、花が際立つ背景との距離にある被写体探しが楽しいのだ。

画像4

DC-G9 LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 - f5.6 1/200s ISO:100
2021/08/11

瞬間を捉える

良いなぁ、と思った瞬間は、やはり撮影するのが良いだろう。この一枚は、背景がごちゃごちゃしていて、他の花も微妙な加減で写り込んでいる。クロップすれば良くなるかな、と思ったが、そうでもなかった。決定的瞬間の撮影は運任せか。運も実力のうち、と言うがそうなのかもしれない。

画像5

DC-G9 LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 - f5.6 1/640s ISO:100
2021/08/11

大口径レンズのボケ

大好きなボケレンズ。F0.95で絵画チックに仕上げるのが好きなのだが、それ以外に良い点がある。この花は、駐車場の看板脇に咲いていて、コンクリートの土台が気になったが、それも良い感じの背景になってくれる。どちらかと言うと、背景で遊ぶレンズなのかもしれない。

画像6

DC-G9 SLR Magic 50mm F0.95 - f0.95 1/3200s ISO:100
2021/08/11

瞬間を捉える2

この大口径レンズは、絞るとパキッとした絵になる、お気に入りのレンズだ。先程のマツムシソウを撮影中に、お客さんが訪れる。絞った分、コンクリートがややダーティになってしまった。蜂と花弁でクロップしても良かったのかな。

画像7

DC-G9 SLR Magic 50mm F0.95 - f2.8 1/800s ISO:100
2021/08/11

秋の訪れ

この花で秋の訪れを表現するのは、難しそうなので、実も散った茎で表現してみた。痛々しいので開放でソフトに仕上げる。まだ、緑が濃いので、秋というよりは春な感じになってしまった。

画像8

DC-S5 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art - f2.8 1/160s ISO100
2021/08/24

モノクローム

マツムシソウは、造形も面白いと思う。造形を楽しむには、やはり、モノクロームが良いと思う。

画像9

DC-S5 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art - f4.0 1/160s ISO100
2021/08/24

しっとりと仕上げる

濃霧のためか、紫が濃く見える個体を見つけた。コントラストを少し上げて、しっとりとした仕上げに。少しは、秋を感じられるだろうか。

画像10

DC-S5 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art - f2.8 1/320s ISO100
2021/08/24

フラッシュ撮影

視界2m程度の濃霧、かなり暗い。風も強いので、長時間露光も無理だ。自然光撮影を主にしているが、こんな時はフラッシュ撮影をする。自然光とは違った世界観になって面白い。この花は、あまり露玉は乗らないみたいだが、少し水滴が付いていて綺麗だ。

画像11

DC-S5 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art - f8.0 1/125s ISO100
フラッシュ発光
2021/09/07

満開のマツムシソウ

この時期の霧ヶ峰高原は、まさに名にふさわしい霧に包まれる。暴風にさらされる鷲ヶ峰に、ツクバトリカブトを撮影するために登った。八島湿原はすっかり秋になり、一輪も咲いていなかったが、この峰にひっそりと、しかも満開で咲いていた。八島湿原では、満開に出会えなかったが、こんな時期に出会えるとは。暗いのが残念だ。

さて、来年はどんなマツムシソウに出会えるだろうか。

画像12

DC-G9 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro - f4.0 1/100s ISO:100
2021/09/22

画像2

2020年 車山にて

夏には、よく訪れていた霧ヶ峰高原。新型コロナウィルスの影響で行き場を失くしていた中、おそらく誰もいないだろうと、撮影に出掛けた際に出会った、マツムシソウ。

出会い

暗闇の中、車山に登頂。朝日の撮影を終え、まだ薄暗い山道を下山途中に目に止まった。本格的に花の写真を撮ろうと思った、出会いだ。

画像3

DC-GH5S LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 - f4.0 1/200s ISO:100
2020/09/10

画像13

画像14


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
阿迦奢らうんじ
ちょと変わった花写真集を目指して。