見出し画像

後遺症

重いタイトルですが、 たいした話ではありません。

10年近く前に、耳下腺腫瘍の摘出手術を受けました。

耳たぶ付近に麻痺が残ると言われていて、その通りに頬にかけて麻痺っていたため、当時は電話、携帯の感触がなく、若干の不自由があったものです。

足が痺れた時って、触っても自分の皮膚の感じしなくないですか?

それに近い感覚で、耳たぶをつまんでも、遠い感じでした。

今はだいぶん復活しています。

ところで耳下腺は、唾液を出しているところらしく、とってしまうと唾液が減るんですね。

そんなわけで、手術した側の虫歯率が上がるという二次被害があるのですが。

最近、いや、前からうすうす変だなとは思っていたのですが、食事をすると、耳下腺のない側、耳たぶの裏あたりから汁気が滲み出ている……

耳からヨダレ!

口の中に流れるルート出来ないもんですかね。

虫歯問題も一緒に解決する期待。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきましてありがとうございます(*´ー`) あなたの1ページに挟んでいただけましたら幸いです。

「スキ」ありがとうございます♪
6
思いやイメージ、本、音楽、日々の気づきなどを絵や言葉であらわすひと。ここでは楽しいこと好きなことを中心に載せています。人間万事塞翁が馬。てくてくてくてくてくてくまむ。。あ。