見出し画像

AKAGAMI式 ビジネスシリーズ Superman BEYOND(普通の人が世界一効率的に天才になった後、億を稼ぐための再現性の高いサクセスパス)【19000文字・10000円】

【有料note、期間限定で無料プレゼント中】
普通の人が世界一効率的に天才になるための再現性の高いたった一つの方法と、億を稼ぐクリエイターが愛用するアイテム一覧。

本noteは上記の前作「Superman」の続編である。

ーーーーーーーーーーーーーーー
【期間限定】
無料購読できるキャンペーン中です。
詳しくは下記お読みください。
ーーーーーーーーーーーーーーー

目次

  1. 第1部

  2. 日本のマーケティングは遅れている。

  3. 「ビジネスはもはや、サイエンスになった」

  4. ビジネスはサイエンスとなり、そしてシステムとなった。

  5. 訓練なき個性は、ただの野生である。

  6. DMX(Digital Marketing eXtreme)(Business=Science)

  7. 追伸:

  8. 第2部

  9. 時代の最先端はTeachable

  10. Teachable(ティーチャブル)の使い方

  11. MailChimpとは?

  12. 労働集約から知識集約へのシフト

  13. セールスファネルを作ろう

  14. 追伸:

  15. 第3部

  16. 亀の戦略と、ジェットの戦略

  17. ジェットの戦略(=圧勝組戦略)

  18. Level 6:SNS(Twitter)

  19. Level 7:無料コンテンツ(Blog)

  20. Level 8:低単価コンテンツ(お試しビジネス)

  21. Level 9:高単価コンテンツ(マネタイズ)

  22. Level MAX:情報発信ビジネスの先生、次世代へ残す(自動化)

  23. 追伸:

  24. 第4部

  25. 最終兵器DMXとは?

  26. 「教育可能な利益目標(Teachable Profit Goals:TPGs)」

  27. ClickFunnelsとは何なのか?

  28. Deadline Funnelとは何なのか?

  29. Zapierとは何なのか?

第1部

日本のマーケティングは遅れている。

調べれば調べるほど、海外のマーケがいかに優れているかわかる。

日本はオワコン国家だから、最新マーケツールはおそらく日本語版がでることはない。 最新の稼ぐ手法を身につけるには、英語アレルギーがないことは必須条件

先日、ビジネス界のレジェンド、ジェフ・ウォーカーの教材「プロダクトローンチフォーミュラ(特別価格199,800円)」を買ってみた。確かにこれが2010年代の「勝ちパターン」、いわゆる誰もが模倣し提供すべき「生ビール」だったのであろう。

スーパーフリーエージェント与沢翼の時代はまさにこれの全盛だった。しかし、2020年代の今は、もっと先に進んでいる。

「ビジネスはもはや、サイエンスになった」

この事実を認めることが、我々のスタートである。

プロダクトローンチの 「商品を販売しながら有名人になる」 「エバーグリーンローンチ」 などのコンセプトは、まさに目からウロコだった。

プロダクトローンチ自体は、今でも十分に通用する枯れない手法であろう。 しかし、これらはバージョンNo.で例えるなら2.0くらいのもんで、時代は既に3.0へと進んでいる

3.0から4.0に進むのは、おそらく人工知能の助けを借りるフェイズ。 意識はすれど、まだ本格化はしない。

まずは今のうちに3.0をしっかりと身につけることが大事。 確実に新しい「秒速で億を稼ぐ基盤」になり得る。

ビジネスはサイエンスとなり、そしてシステムとなった。

システムといっても、虚無な自動いいねや自動フォローで情弱狩りをするダサいやり方ではない。

また、「おはよう!」ツイートでインプレッションを集める泥臭いやり方もスマートではない。 やってる本人すらも、気がついている。 もちろん、挨拶が大事なのは認める。

ネット社会の恩恵はおそらく

集合知によって勝ちパターンが可視化されたこと

勝ちパターンがわかってしまった。 それはビジネスでもそうだし、モテなんかでもそう。

あらゆる分野で「学べばOK」で済むことが増えてしまった。 若い人ほど、この恩恵を長期に渡って得られる。 自分で試行錯誤する余地が狭まっている。

とは言え、なにも難しいことはない。必要なのは、

1.「生ビールを提供する」
2.「馴染みの店になる」

この2つだけ。

提供する順番を間違えてはいけない。 まず、生ビールがあり、次におつまみだ。 幹が先で、枝葉は後。

生ビールも、間違えてはいけない。 「これ、生ビール2.0じゃないですか?いま時代は生ビール3.0っすよ」 これはまず避けたいこと。

個性を出すべきは、1.「生ビールを提供する」の部分ではない。ここはブレないことが大事。 個性を出すなら2.「馴染みの店になる」の部分。

訓練なき個性は、ただの野生である。

野生になっていないか、セルフチェックしよう。馴染みの店になるにも、最低限の資質というものはある。一流に学ぶ必要がある、たいへん奥深い世界だ。

繰り返すようだが、 「生ビール以外を売る」 「古い生ビールを売る」 これは最も避けたいことNo.1。馴染みの店にならず、一杯だけ飲んで帰る。十分じゃないか。

「生ビールを間違えなければ」まずは大丈夫。

そしてそれは、そんなに難しいことではない。 一方、「馴染みの店になる」の部分は奥が深い。

ここまでで書いたような最先端のビジネススキルを具体的に学べるのが、AKAGAMIが提供する予定の、

DMX(Digital Marketing eXtreme)(Business=Science)

である。DMXもまた、生ビールである。

AI時代になり、「ビジネスが完全にサイエンスになった」ことを認めることができれば、誰にでもチャンスがある。

DMX(Business=Science)

私もずいぶん遠回りした。 しかし、やっと1つの確固たる道、勝ちパターンが完成した。 きっと、2100年頃までは、有効であり続けるだろう。それが 「Superman →圧勝組 →DMX →一人GAFA →Hyper Intelligent Style」 という明確なサクセスパスである。

Superman (第1〜第5ロケット)

圧勝組 (Level 6〜Level MAX)

DMX

一人GAFA

Hyper Intelligent Style

追伸:


まずは生ビール2.0をシェアする。
世の中にはこんなブログがある。
ネットビジネス動画ドットコム

与沢翼さんの動画リスト >
与沢翼 ゼロからのリスト取り手法と強者のリスト取り手法①

第2部

時代の最先端はTeachable

2020年代では「人に教えることでレバレッジをかける」のが最先端であり、勝ちパターンです。あなたの全ての仕事を「教育化」しましょう。知識を資産に変えるのです。そのための最強ツールがTeachableです。

(有料パートにはURLを記載。コンテンツは約1万9000文字のボリュームです)

続きをみるには

残り 127字

¥ 10,000

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。頂いたサポートは、良質な情報を発信している方のnote購入・サポートに充てさせていただきます。