見出し画像

たったこれだけ!最短で統計検定2級に合格する方法


○はじめに:統計検定2級に合格をしました!

当日電卓を忘れ、ルートの計算が出てきたら問題が解けないという状況だったので試験前から崖っぷちでした。
それでも10点以上の余裕をもって合格出来たので再現性は高いかと思います!


参考書もなるべく少なく、最短距離で合格したいという方のための記事です!
余計な参考書は一切やっていないため、無駄なお金は一切かけていない点はとても魅力的な勉強方法です。

自分は受験代以外お金をかけていません。

勉強の期間は1ヶ月~2ヶ月です。新社会人になる前の内定者期間であったので、それなりに時間をとって勉強をすることが出来ました。大学受験などで数学を使った方なら3ヶ月程度、忙しい方や前提知識がない方でも半年あれば確実に合格出来るのでは思います!

--------------------------------------------------------------------------------------

○受験したきっかけ


1.データサイエンスへの興味から
将来的にはデータサイエンティストというキャリアを考え、そのために必要な要素として統計学があると考え勉強しました。
参考としたサイトはココから!


2.大学の勉強の復習
大学では経営学とデータ分析を学んでいました。大学4年の後期に授業があまりなかったので大学で学んだことの復習をしたいと考え受験をしました。

--------------------------------------------------------------------------------------

○前提知識


①大学受験時に数学を使っているので、確率のPとかCとかの意味はわかる。ベイズの定理と条件付き確率が似ていたので確率分野の飲み込みは早かったです。
②大学1年時に統計学の授業が必修であったため、信頼区間などの用語に聞き覚えはあるが、公式などの細かいところの記憶はほぼない。
③ゼミでRを用いたデータ分析を行っていたので、分析結果の見方はわかる。

結構楽勝かなと思っていたのですが、出題範囲表(下の図)の推測の分野が試験のメインですが、この範囲の記憶はほぼなかったのでほぼ初心者だと思って差し支えないと思います。

統計検定出題範囲


--------------------------------------------------------------------------------------

○勉強の詳細


①統計webで問題演習

画像3


統計webというサイトの統計学の時間というページで統計検定2級用の問題が解けます!
合格をされた多くの方がこのサイトを勧めていますし、無料で出来るのが本当に素晴らしいです。
各章の目次をみて、わからない単元から勉強をはじめるのが良いかと思います!自分はstep1:基礎編から始めました!前提知識によって変えればよいかと思います!


公式の過去問をご覧いただければわかると思いますが、この統計webは全て網羅をしているようにみえて本当に最低限の知識になっているのでここの絶対に全て解けるようにすべきです。


統計学の図鑑 (まなびのずかん)

画像4

自分は大学の図書館で借りました。
統計webで問題解いている際に深いところまで知りたいと感じた部分についてこの本で確認をしていました。
すごく簡単そうにみえますが、完全に統計検定2級レベルとマッチしているのでおすすめです。


③統計検定2級ためのチートシート
Qiitaにあるサイトです。とてもきれいにまとまっています!!

さまざまな問題を解き、多くの知識をいれたので頭がごちゃごちゃしてきたのでいったん整理がしたいとなったときにこのサイトを参照しました。

例えば、
母分散が未知のときの平均値の検定はt分布
母分散が既知のときの平均値の検定は正規分布を使う!みたいな部分です!!


どういう時にどの分布を使うのかという整理をしっかりしないとすぐ記憶から抜けていってしまいます!
試験直前の確認を使うのも良いですが、過去問演習の復習を効率化させるのに便利なツールでした。


④模擬問題集

画像5

統計webが運営しているBellCurveさんが監修している模擬問題集がkindle unlimitedで学習出来ます!

全3回をとりあえず1週し、理解が甘い問題については再度統計webに戻って学習をしたりをしていました。


ですが、この次に紹介をする実際の過去問とはかなり形式が異なっているのでこの段階での点数はあまり気にせず、あくまでこれまでの統計webの問題の復習という意識で取り組むのがおすすめです。


⑤過去問演習

ここからが実際の過去問です。


今なら期間限定で統計検定HPから過去4回分の過去問が無料でダウンロード出来ます!受験予定の方はダウンロードだけでもしておくべきです!
解説は検索すれば統計webの解説記事がそれぞれ見ることができるので心配要りません。


過去四年分が全て2回ずつやりました。ここでわからない問題がなくなり、1から全て解くことの出来る実力がつけばかなり高い確率で合格と思います。

期限を過ぎてしまっても書店でも購入が可能です!

画像7


⑥予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」

画像8


Youtuberのヨビノリさんの確率統計の授業を勉強の間に見ていました。

全ての回は見ていませんが、ベイズの定理やポアソン分布などとてもわかりやすかったです。
上記のものを進めていてわからなかったものがあったら見てみると良いかと!

--------------------------------------------------------------------------------------

○使用した参考書・サイトのまとめ

✓統計検定2級ためのチートシート
✓統計学の図鑑 (まなびのずかん)
✓統計web
✓過去問
1. kindle unlimitedで購入できる過去問
2. 統計検定HPで過去問演習

✓youtube予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」

--------------------------------------------------------------------------------------

○まとめ


①内容をざくっり理解→過去問演習→チートシートを用いて復習をピンポイントで行う
この3手順が大切かと思います!!
この流れは統計検定のみならずどの試験でも汎用性があるものだなと今回の試験を通して改めて感じました。

②当日は必ず電卓を持って行きましょう!!
CBT形式のテストでは過去問に比べて計算が少なかったように感じましたが、ないと本当にきついので。隣の受験者の方も忘れていたので案外多いかと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
15
【新社会人が日々の学びを発信】▶️埼玉の自称進学校▶️東京理科大学 ▶️2020年4月からSIerに就職予定 ▶️データサイエンス勉強中/日々の学びをわかりやく発信してます!