志染 Shijimi

大阪在住。2017年なぜか急に詩を書く気になった。 ふとTwitterで見た「お題」が気になり数ヶ月創り続けた記録。これらを詩と言って良いのか分からないし、どうしてこんなことが出来たか解らないけど、改めて見ると悪くないのもある。少し手直しもしたけど残しておこう。

令和元年にやりたいこと?

「なんやこの温度差は?」と4月30日の昼過ぎから感じ始めてるんやけど。新しい時代?めでたいやん、とは思う。 でもね。日常はそんなに変わらんよ。 やけに平成を懐古したり…

『群青』

店にいた喫煙者は 彼だけだったから 一晩を経て残っている この煙香は彼のもの 昨夜着ていた群青色の シャツを抱きしめながら 彼のタバコの箱も こんな色だったと ふと思い…

『我儘』

結局のところ 周囲の人より 少し我儘な人が 世の中を 動かして いるんだな #詩人の本懐『我儘』 #詩 #自由詩 #現代詩 #poem

『彩』

都会に紛れる 迷彩服が欲しい 誰にも見つからずに 生きていたい #アトリエ部展覧会『彩』#詩 #現代詩 #自由詩 #poem

『曖昧』

眠っているのか 起きているのか 曖昧なままぼんやりと 午後が過ぎていた 最近やたらと 厭世的になる 明け方に何となく 塗ったネイルが 思っていたより銀色で 西陽に照らす…

『秋桜』

秋桜が咲くころ 空は急に高くなって 人々が爽やかだと言う 哀しい風に変わるから 冬が苦手な私は この花を見ると辛くなる #優しい言の葉「秋桜」 #アトリエ部 #詩 #自由詩 #…