マガジンのカバー画像

モードを好きな人間が住宅建築について語る

7
モードファッションを好きな人間が、戸建、集合住宅、新築、リノベーション、魅力を感じた様々な住宅建築について、気ままに語るnoteです。
運営しているクリエイター

記事一覧

どこまでも振り切れ、どこまでも

バランスという言葉はよく聞く。「バランスを取る」と聞けば、その言葉はたいてい重要な意味を…

AFFECTUS
1年前
2

古さが価値を生む場所は、人が新しさを感じた時の隙間にある

最近、時間を見ては建築関連のサイトを見ては調べている。最初はヴィンテージマンショとマンシ…

AFFECTUS
1年前
6

古く美しきものを新時代に遺す

それが服であれ、建物であれ、古くなったからといって必ずしも価値がなくなるわけではない。む…

AFFECTUS
3年前
14

白とグレーの美しきリノベーション

僕は白とグレーという二つの色が好きだ。それはミニマムなファッションが好きな僕にとっては自…

AFFECTUS
3年前
13

野生の中の家に住んでいるのか、家の中の野生に住んでいるのか

境界が曖昧になり、新しい価値が生まれる。ファッションデザインでよく見られる有効なデザイン…

AFFECTUS
4年前
19

住みたくなる最高の普通

ファッションは基本的に大量生産品になる為、同じ服であっても数着、数十着、数百着が市場に流…

AFFECTUS
4年前
125

都市に建てられたスチールパイプの原生林

綺麗に整えられた上質で上品な家。そこに居心地の良さを感じることは珍しくない。けれど、人間が居心地の良さを感じる場は必ずしも美しい調和の空間とは限らない。人によっては、荒々しい迫力に満ちた空間、そこに安らぎを感じることだってあるだろう。 角地に建てられたその戸建住宅は異様な迫力を誇る。山田紗子建築設計事務所による「daita 2019」である。 *山田紗子建築設計事務所「daita 2019」より 僕はdaita 2019の写真を一目見るなり、驚いた。スチールパイプで組