見出し画像

新たに3拠点オープン!アクティビティに温泉に・・・一風変わったADDressの家

間もなく新年を迎えますが、皆さまは年の瀬をどのようにお過ごしですか?新年のスケジュールは立てましたか?
ADDressは2020年1月から利用開始の3つの家の予約を開始しました。①群馬みなかみ②志賀高原(長野)③益子(栃木)の関東・中部エリアです。特徴的な3つの物件を一足先にご紹介します!

【群馬みなかみ】温泉ホテルにあるADDressの家

画像1

上野駅から新幹線でたった1時間でアクセスできる「上毛高原」駅に広がる「みなかみ温泉郷」にADDress群馬みなかみの家はあります。駅からはタクシーで20分ほどかかりますが、のどかな風景の中でくつろげる静かな環境です。

実は、ここはJR東日本ホテルズが運営する温泉ホテル(施設名「ホテルファミリーオみなかみ」)で、その中の洋室2部屋がADDress会員が利用できるお部屋となっています。

じゃらんツイン③

温泉ホテルに住む生活、何とも贅沢です。
ADDressには温泉付の物件(「ADDress南伊豆」)もあり、静かな環境でくつろぎたいという会員に好評ですが、また1つ温泉付の家が誕生しました。
※ADDress群馬みなかみは、入湯税150円/日が別途かかります。

また、徒歩すぐの場所に「たくみの里」があるのも魅力。日本の伝統工芸・文化としての手しごとを体験しながら、世界でたったひとつの作品を作れるアクティビティやフィールドワークを楽しめる好適地です。

ファミリー向け、シェア生活から少しリラックスしたい単身向け、いずれもオススメしたい家です。

【志賀高原】家族で営むスキー宿がADDressの家

画像3

幸の湯ファミリー」として、家族経営で50年以上に渡り運営しているスキー宿(施設名「癒しの宿幸の湯」)の1室がADDressです。1967年、志賀高原の丸池が日本初のチェアリフトのあるスキーリゾートとなった後、初代オーナーの中村正文さんがオープンしました。2代目の充さんが経営を引き継ぎ、充さんの息子さんや娘さんたち中村家がチーム家守を組みます。

オーナー兼家守の中村さんのご紹介記事はコチラ↓をご参照ください。

「 故郷のない方もいらっしゃい」をキャッチフレーズに、家族全員でおもてなしをしてくれる癒しの家。会員と会員同士の繋がり、会員と地元の人々との繋がりを体感できるよう、「幸の湯ファミリー」が迎えてくれます。ADDressの "故郷"の一つとして、親しみと懐かしさを感じてほしいです。

画像4

この家の魅力は、何と言っても上質なJAPOW(日本のパウダースノー)で国内でも有数のスキーリゾート地にあること。1998年の長野オリンピックの会場にもなりました。

現在は、ユネスコエコパークに認定され、年間200万人を越える人々が訪れる、日本有数の観光地です。美しい山々に囲まれ、スキーシーズンだけでなく、四季折々の豊かな自然を楽しむことができます。映画『千と千尋の神隠し』の舞台となった渋温泉や世界的に有名なスノーモンキーパークなどの観光スポットへのアクセスにも便利です。

【益子】東京都心から最も近い陶芸の里ADDress

PA143938 コントラスト 640

ADDressのサービスを立ち上げる前から、ずっとやりたかったBed&Craft。ここはまさに、職人さんの家に住める家です。国指定の伝統的工芸品「益子焼」の窯と工房に併設されており、工芸士から直々に教わる陶芸体験もできます(※体験は別途料金がかかります)。秋葉原から直通バス「焼き物ライナー」が出ています。

廊下900

元々登り窯があった場所に、屋根と柱を残して改築しました。家の隣は現役の登り窯があり、かなりの体力がいりますが、2〜3ヶ月おきの窯焚き(火入れ)も是非体験してほしいです。

画像7

陶芸作家として40年間活動したオーナー兼家守を務める川尻親子の父・弘さんは、東日本大震災で倒壊した自前の登り窯を修復しながら、家づくりを始めました。大工さんや電気・水道・ガスの業者さんと一緒に建てたセルフビルドの家です。
改築のデザイン、基礎のコンクリート流しから、築窯師でもある川尻さんの経験を活かし、実際に登り窯で使われていたレンガと土を使用した壁を作りました。トイレの床のタイル、手洗い鉢、キッチンの食器類は全て手作り。家の横にある登り窯で焼かれたものです。

川尻さんは今後、以下のようなイベントをADDress会員向けに企画したいと検討中とのこと。提案してくれて嬉しい!

■七輪陶芸でぐい飲みを作り、そのぐい飲みで地酒を飲もう会。
■ドジョウわなを仕掛け、ドジョウのから揚げで宴会する会
■ジビエBBQでビールを飲んだ後、カラオケに行く会。
■陶芸教室で湯のみなどを作る会。

益子で新しくできるADDressコミュニティが楽しみです(写真下は川尻弘さん)。

家守・川尻弘さん

以上、ADDress令和2年オープンの新規3つの家のご紹介でした。

ADDressは1月に新規オープンする家が続々控えています。
1月はおもに首都圏中心ですが、2月以降はクラウドファンディングで支援を募った鎌倉2拠点目大阪1拠点目小田原1拠点目など注目の家も続々オープン見込みです(工事の関係で時期は前後する可能性もあります)。

ADDressについての説明会&会員やスタッフとの交流会を1月も実施しますので、この機会に是非入会をご検討してみてください。

▼2020年1月7日火曜日 19:30〜21:00
ADDressのリアルな「コリビング日常ライフ」が聴ける MEET UP〜ワーケーションをADDressで〜

▼2020年1月11日土曜日 12:00〜15:00
茂原拠点オープンイベント!家族と多拠点ライフ〜子育てやキャリアにどんな変化があったかリアルボイスをきいてみよう〜


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
月額4万円からの定額制で全国どこでも住み放題の多拠点コリビング(co-living)サービス。拠点情報やかかわる人の熱い想いを発信します。 https://address.love/ #全国創生 #ADDressLife #多拠点生活 #いつもの場所がいくつもあるという生き方
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。