見出し画像

「50代・エグゼクティブ・経営幹部人材」の求人探しのコツを教えます

この記事では50代以降の方で転職を検討されている方へのアドバイスについて記載しています。知っておくことでご自身の転職計画に役にたつ内容ですので是非ご一読ください。

■投稿者プロフィール

さらに詳しいプロフィールはこちらをご覧ください!

■キャリア相談はLINEでお気軽に

LINEでのご相談も可能です、こちらからお気軽にご登録ください

50歳からの転職についての理解を深めて欲しい

中高年専門の転職エージェント、アクティベイトの海老一宏です。
今回は、50代で転職を考えられていらっしゃる方へのアドバイスです。

転職は年代によってアプローチや戦略が大きく変わります。実際採用側がどのような意図で50歳以上の方を採用するのかをきちんと把握しておくことが履歴書や職務経歴書を作る上でも非常に重要となってきます。


50代の転職は役職必須

当社で人材紹介として面談する50代の転職希望者の方は、企業の管理職や執行役員、取締役などの経験者となります。役職のない方とお会いすることはほとんどありません。
なぜなら、企業から50代で応募可能な人材紹介として求人がある場合、マネジメント経験がない募集は基本的に行われないからです。
しかも、その数は少ないし、当然ながら企業が50代をわざわざ求めるということは、対象はかなり絞られています。

例えば、「上場企業の役員経験者なら、どの業界でもどの職種経験でもOKです」という求人は、あまり見たことはありません。もちろんゼロではありませんが。

転職に不慣れなエグゼクティブ人材の方は、この点を誤解されていたり、楽観視しているケースがあります。
実際、過去「私は社長をしていたので、何か社長の案件を紹介してください」という方が何人かおりましたが、そういう求人はほとんどないと考えて間違いありません。

あり得るとしたら、業界が同じ人材を求めるケースです。
つまり、経営的に何かしらの問題や課題があり、それを解決するには外部人材の登用しかないと企業が判断したパターンです。
しかし、このケースでも、業界下位の企業からの入社は難しいでしょう。社長は、ライバルでも自分の会社よりレベルの高い会社からしか人材を入れたくないからです。

50代のエグゼクティブ人材の求人探しのコツ

さて、もともと少ないエグゼクティブ人材の求人に対して、転職者はどのように探せばいいでしょうか。
この一つの答えは、潜在的な求人を見つける事です。

あなたは、「実は、後継者や右腕人材に困っている」という中小企業の社長が大変多いことをご存知ですか?

「後継者に困っている」という社長は、人材紹介に依頼するケースはあまり多くありません。すなわち、求人サイトなどには出てこないのです。

おそらく、どこの紹介会社でも、自分と同等や後継者として任せられる人を紹介できる会社はないと考えているのでしょう。さらに言うと、重要な人材を人材紹介から採用することに抵抗感すら持っている方もいらっしゃいます。

特に、地方の中小企業は、人材紹介会社も少ないために依頼はあまり期待できないと思っているのですが、社長達は良い人材とどこかで出会いたいと願っています。

50代のエグゼクティブ、経営幹部人材の転職には、表には出てこない求人があることを意識することが重要です。そういった人材をご紹介、そしてご縁を繋ぐことが弊社の役割の一つでもあります。

少しでもご興味のある方はぜひ公式ラインにご登録いただき、様々な情報を手に入れたり、カウンセリングに興味のある方は一度お問い合わせいただいても結構です。あなたにぴったりのご案内ができる可能性がありますので、ぜひお待ちしております。

【公式ラインの登録はこちらから】

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?