鈴木梢(あこ)

日本のエンタメが主な領域の編集者/フリーライター。

鈴木梢(あこ)

日本のエンタメが主な領域の編集者/フリーライター。

    マガジン

    • 今週のエンタメ摂取雑文

      毎週できるだけエンタメ摂取雑文を書いています。

    最近の記事

    中学生の私とニッポン放送の「あの夜」

    中学生の頃、通っていた学校でジワジワとラジオブームが起きていた。 小学校から高校まで一貫の女子校であるにもかかわらず、流行したのは芸人ラジオ。しかも、とあるひとりの芸人の、深夜の帯番組。上田晋也さんがパーソナリティを務める『知ってる?24時。』(ニッポン放送)だった。 その名の通り24時から始まる1時間番組で、月曜日から木曜日まで毎週放送されていた。21時からは有田哲平さんの『目からウロコ!21』も放送されるようになり、『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』はそれらの

      • 2021年のお仕事まとめ

        主にライター/編集として活動している鈴木梢です。はじめましての方に自己紹介をすると、主にテレビ・ラジオ・お笑い関係の記事(インタビュー、コラム)の企画や記事の執筆をして暮らしています。 2021年の仕事をまとめます。コラムの編集仕事も含めると年間で160本くらい記事作ってたみたいなんですが、30本くらいに絞りました。 最後に2022年にやりたい仕事も書いてますので、媒体関係者やテレビ、ラジオ、お笑い関係者の方々も最後だけでも読んでくれたら嬉しいです。 2021年にやった

        • 2021年よかったエンタメ

          2021年の映画、ドラマ、バラエティ、アニメ、ラジオ、マンガ、お笑いから個人的に好きだったものをピックアップします。ベストテンにしようと思ったけど選びきれなかったので15個あります。 映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 勢い余って劇場公開初日の朝7時の回観に行ってしまって、全部観終わったあと「え…夢…?」となったけど、たぶんはっきりした頭で観に行っても「え…夢…?」となったと思う。エヴァの終わりという意味ではすごくよかったと思ってます。 『竜とそばかすの姫』 はっき

          • 主に『キングオブコント2021』の感想文です【今週のエンタメ摂取雑文(9月27日〜10月3日)】

            今週末は自宅の給湯器が老朽化で壊れ、お湯が出なくなりました。しかし我が家は変わった作りになっているらしく、給湯器がふたつあり、お風呂の追い焚きだけが生きていました。なので浴槽に水をためて湯を沸かし、風呂桶を駆使して入浴してます。 それはさておき、今週は主に『3月のライオン』最新刊の発売と、なんと言っても『キングオブコント2021』。お笑い好き数名で集まって友人宅で観ました。到着してすぐ「私は空気階段の優勝を見届けに来ました」と宣言して酒を飲み始めました。信じたとおり優勝して

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 今週のエンタメ摂取雑文
            鈴木梢(あこ)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            キムタクが如く2クリア、ワイスピ最新作、ダウ90000など【今週のエンタメ摂取雑文(9月20日〜9月26日)】

            今週はようやくワイスピの最新作を観ました。噂のダウ90000公演もようやく観劇。あとはちょっとラジオやテレビから離れて珍しく一週間ほぼゲームをプレイしてました。キムタクが如く2! 映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』『ワイルド・スピード/EURO MISSION』ぶりにジャスティン・リン監督が帰ってきた本作。一応前作のアイスブレイクの続き(敵としてまたサイファー(シャーリーズ・セロン)が出てくる)ではあるので、ここで監督変わってどうなるのかと思ってたけど、まーーーー

            主に最近のおすすめマンガ紹介【最近のエンタメ摂取雑文】

            昨日の朝は、『美的』がYouTubeで公開してたアンミカさんのポーチの中身動画を観ながら準備してました。9割自分でプロデュースしてる商品の紹介だった。でもやっぱQVCで売ってる人は違うね。ぜんぶ欲しくなっちゃった。絶妙にいやらしさがない。「こんなの欲しかった〜!!」って心の底から思っちゃう。数年前にIKKOさんプロデュースの化粧水は買っちゃったもん。すごい使いやすかった。QVCは偉大だし、アンミカは偉大。さすが人生七転び十五起き。 いやしかし、先週の『星野源のオールナイトニ

            2020年のお仕事まとめ

            2020年の1年間の仕事をまとめます。「基本的にエンタメ関連の仕事だけでやっていく」と決めてから1年半くらいが経ちました。めちゃくちゃ食えてるとか売れてるとかそういうわけでもないですが、おかげさまでなんとかやっています。そういうわけで今年の仕事をピックアップしてまとめます。 私がやる仕事はだいたい3種類。 1. コラム記事の企画編集 2. インタビュー記事の企画編集 3. コラムやインタビュー記事の執筆 こんな感じです。「編集って何やってるの?」とよく聞かれますが、記事

            【初心者向け】 #龍が如く 8タイトル(+1)の魅力を全力紹介

             緊急事態宣言の延長が発表され「さすがにもう家でやることがない」と悩んでいる人は多いかもしれないが、安心してほしい。龍が如くがある。  龍が如くシリーズは、いくつかのスピンオフ作品を除けばほぼすべてPS4で遊べる。もともとPS4用として出ていた作品以外も、リメイクされたり移植されたりして、最近ついに全部PS4版がそろったのだ。シリーズは0から7まで(ナンバリングタイトルのみで)8作品出ており、『龍が如く7』は今年の1月に発売されたばかり。 「ヤクザだらけの暴力ゲームでしょ

            夏のホットコーヒー、厚切りトースト

            2018年の夏、私はフェスで初めてソロキャンプをした。ソロキャンプはその名の通りひとりでキャンプをすることだが、フェスはそもそも大勢で行ってキャンプをする人が多いので、楽しそうだけど寂しい思いはするだろうなとは思っていた。 寂しい思いをするだけなら良かったが、フェスの当日は朝から大雨。会場は山に囲まれていて、どんどん雨は強くなっていった。その中でびしょびしょに濡れながら小さなテントをひとりで張っていると、どんどん心細くなっていった。張ったばかりのテントにはどんどん水が入って

            人のためにごはんを作れない

            24歳で実家を出て、初めてひとり暮らしを始めた。それまでは東京で暮らせるほどの収入がなく、無理せず暮らしていける収入を得たのが24歳のときだった。 お金は手にしたものの、それまで一切の家事をしたことがなかった。洗濯機のボタンを押したことすらなかった。すべてを母と祖母に任せていた。 私の性質のひとつに、人の視線を感じると行動ができないというのがある。たとえば仕事でも家事でも、「後ろで見ているから試しにやってみて」なんて言われようものなら、行動はとても遅く、ぎこちないものにな

            お仕事のご相談について

            はじめまして。そうでない方はこんにちは。鈴木梢といいます。愛称の「あこ」で呼ばれることが多いです(その由来は説明が難しいので、またいつか)。 この記事は私がどんな人間か、今まで何をやってきたのか、何ができるのかをまとめたものです。 鈴木 梢(すずき・こずえ) 1989年2月20日生まれ。千葉県市川市出身。 ・実家は葬儀屋、母方の実家は神輿屋。 ・女子校12年育ち(小学校〜高校)、仏教学校16年育ち(小学校〜大学) ・大学では編集を専攻、社会人になってから桑沢デザイン研

            「人の言葉に左右され過ぎだし、この言葉も無視したっていい」

            大学生の頃に一度、そして社会人になりたての頃一度、そんなようなことを言われた。 大学時代の私は、学園祭に参加する学内全サークルの統括をしていた。学園祭の参加にあたっては責任者の方々には定期的な会議に参加してもらわなければならず、ただでさえ面倒なその会をできるだけリラックスして過ごしてもらいたい一心で、わざと砕けた態度を意識していた。 だが、それが裏目に出た。「態度が悪い」とクレームがついたのだ。 こちらが意図したことを、周囲がその意図どおりに汲んでくれるとは限らない。む

            「チョコ界のコミケ」と呼ばれる「サロン・デュ・ショコラ」は一体何がそんなにやばいのか

            トップ画像はめっちゃ混んでる電気屋じゃないです。今年もやってきました、チョコ界のコミケ「サロン・デュ・ショコラ」の季節。 サロン・デュ・ショコラは、三越伊勢丹主催のチョコレートの祭典(本家はパリ)で、今年で17回目の開催となる。毎年1月末〜2月頭あたりに数日間開催され、2019年は1月22日(火)〜1月29日(火)の1週間開催だ。 「チョコ界のコミケ」と初めて形容されたのは、2017年。その年は規模を拡大し、初めて東京国際フォーラムでの開催となった(この年以外、2015年

            人生迷子になったら黙ってアニメ「宇宙よりも遠い場所」を見てくれ

            最近はちょっといろんなことに疲れてしまい、一日に何度も何度も更新をしていたツイッターを止め、仕事も最低限ギリギリまで減らしています。 何をしてるかというと、たくさん歩いてひとりで花見したり、ジムで体を鍛えたり、家でゆっくりしたりしています。ほとんど家にいます。これ以上書くと本当にどうしようもないので、もうアニメの話をしますね。 で、そんなメンタル底のいま出会ったのが、アニメ「宇宙よりも遠い場所」。あんまりにも評判がいいから半信半疑で見始めました。 一度きりの高校生活。入

            本当にまずいのは休む元気すらないとき

            私は普段、好きな時間に好きな場所で自由にできる仕事をしている。 少し前はその自由を生かして、すきま時間を見つければ映画館に通いたくさんの映画を見て、本屋でぷらぷらと歩いて面白そうな本を探して、新しく入荷した服を買いに行き、それでもちゃんと仕事はまわっていた。 まあ普段気ままに過ごしているので、疲れにも鈍いのだが、どうやら私は疲れていたらしい。疲れていることに気づいたのは、昨日今日の話。 数日前に私に友人が私に元気を出してくれと、たとえばカラオケに行ったり、温泉へ行ったり

            「お前は大丈夫だぜ、休むんだぜ」

            「それでいいぜお前は休むんだぜという言葉を私から以外もたくさん受け取ってください。大丈夫だよってみんなに言われると、ちょっとホッとするかもです」 今日、仕事の手伝いをお願いしている友達から言われた言葉。お酒を飲むよりおいしいものを食べるより、よく眠るよりも元気が出た。ありがとう(敬語なのは、元々職場の後輩だったからである)。 「大丈夫」って言葉、いいですね。みなさんからの「大丈夫だよ」お待ちしています。 * 私は休むのが本当に苦手で、かといって常にバリバリ働いていると