阿部航大の「ニュースの視点」 ~勧誘にはご注意を~

最新の話題、事件、事故などのニュースを取り上げます。

阿部航大の「ニュースの視点」 ~勧誘にはご注意を~

最新の話題、事件、事故などのニュースを取り上げます。

    最近の記事

    契約取ってくれば「不適正勧誘」も不問!かんぽ保険で年収2000万円の郵便局員

    保険の不適切契約問題を引き起こしたかんぽ生命には、とくに多くの契約を獲得した郵便局員を顕彰する「優績者」と呼ぶ社内制度があった。そこからは、違反行為が疑われる契約でも黙認され、処分も甘かった社内体質が浮かび上がってくる。 全局員の1・4%の「優績者」が疑わしい契約の4分の1以上に関与していた。その1人は「特定の客と1年間に何度も契約を結んだ。多くが高齢者や疑いを持たないゆるいお客だった」と語った。契約額は年数百万円から数千万円に上り、「優績者」は全局員の模範扱いされた。

      • 自殺が他殺を上回るようになった米社会の「病巣」

        アメリカでの自殺率が上がっている。人口10万人あたりで、何人自殺したのか、というのが一般的な指数のようだが、現在、アメリカの平均は人口10万人当たり13.7人の自殺率で、世界で34番目。日本はもう少し高く、14.3人で第30位だ。 アメリカ疾病管理予防センターによると、この自殺率が、2007年から2017年の10年間で24%も上昇した。ことに10歳から24歳の青年層の自殺率にいたっては56%も上がったという報告が出され、アメリカ社会は驚きを持って受け止めている。 青年層で

        スキ
        1