見出し画像

『淵瀬は廻る』ー朝比奈泰勝ー(『決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍』より)

『決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍』

歴史小説作家が一堂に介し、一つのテーマ(合戦、事件など)を題材にして描く連作短編集、『決戦!』シリーズ最新作。

ブログでは、本全体と各短編についての感想記事を更新。

ただ、UPした後、短編ごとについてもう少し感想書きたいなあ、という思いがあり、noteでは短編ごとの感想を書いていきます。

続いては、この短編集の中で最大の変化球作。

著者が箕輪さんなら、まあ面白いに違いない、と思っていたら、このアンソロジーの中で最も残影の残る作品となった。

まさか、武田でも織田・徳川でもないところからの人物を題材にするとは・・・


朝比奈泰勝って?淵瀬って?


もうここで語りたくてしょうがないのだが、その始まりの一文を書いた時点で全てを語り尽くしてしまいそうになるので自重(笑)


敗者・朝比奈泰勝と亡君にして主君・今川氏真の心温まるやりとり。

組織(家)のためではなく、自分のため、未来のために生きても、許されることの喜び。


道を外れたからこそ二人に見えたものがある。読み終えて少し勇気づけられたなあ。

ちなみに、最後一歩手前の時点ですでに濃厚な内容なのだが、ラストであっ、とさせられるエピソードが盛り込まれている。


どこかに残る思いの断片から何かを感じ取るのは、見つけた人間の特権であり、責任。

歴史の中に埋もれた(おそらく紐解かれることのない)思いに触れる一作だ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
拝承!
5
「なぞる」のではなく「紡ぐ」発信を目指す多読・乱読家 ■女性向け書評サイト「美女読書」・マンガポータルサイト『マンガ新聞』レビュアー /■歴史小説作家・伊東潤さんの読書会に参加中 /■ブログ(motiongreen.net/ )ちまちま更新中

こちらでもピックアップされています

読書感想
読書感想
  • 38本

別途運営しているブログ「モーション・グリーン」で更新した記事から派生した内容を記していきます。noteのみ取り上げている本もあり。 主に短編集内の短編それぞれの感想や、違う視点からの感想など。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。