見出し画像

『佐々の鉄砲戦』ー佐々成政ー(『決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍』より)

『決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍』

歴史小説作家が一堂に介し、一つのテーマ(合戦、事件など)を題材にして描く連作短編集、『決戦!』シリーズ最新作。

ブログでは、本全体と、各短編についての感想記事をUPしました。

ただ、UPした後、短編ごとについてもう少し感想書きたいなあ、という思いがあり、noteでは短編ごとの感想を書いていきます。

続いては、この単行本の短編の中で、数少ない織田・徳川方の作品。

山口昌志さん執筆です。


織田・徳川連合軍から、書きたい欲をそそられなかったのでしょう(笑)

(厳密に言えば、非武田方一人いるが)織田・徳川から唯一の出演が、この方佐々成政。

今でこそ、この合戦は三段撃ちが否定されつつある。それでも鉄砲の数は通常の割合より多かったことは、概ね間違ってはいないようだ。

そして、圧勝と言われてきたが、実は結構織田・徳川軍は苦戦している(無論、犠牲としては武田軍の方がはるかに大きかった)


苦戦した原因、そして大勝した要因。

両者の鍵は「鉄砲」にあった。

今後の合戦を変える可能性を秘めた鉄砲に、己と未来の戦いを賭けた成政の戦い。見据えていたのは、目の前の勝敗だけではなかった。

その意気込みが、度々登場する「戦を変える」というセリフの中に凝縮されている。

何かを変えたければ命がけで挑まないといけない。

今も昔も変わらない、絶対の真理がそこにある。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
見えないでしょうけど、こちらはニヤニヤしてます
2
「なぞる」のではなく「紡ぐ」発信を目指す多読・乱読家 ■女性向け書評サイト「美女読書」・マンガポータルサイト『マンガ新聞』レビュアー /■歴史小説作家・伊東潤さんの読書会に参加中 /■ブログ(motiongreen.net/ )ちまちま更新中

こちらでもピックアップされています

読書感想
読書感想
  • 38本

別途運営しているブログ「モーション・グリーン」で更新した記事から派生した内容を記していきます。noteのみ取り上げている本もあり。 主に短編集内の短編それぞれの感想や、違う視点からの感想など。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。