Akira Kuratani

某ベンチャー企業で働くエンジニアリングマネージャー

Akira Kuratani

某ベンチャー企業で働くエンジニアリングマネージャー

最近の記事

内省の技術:問いかけの質を上げる

前回は、自分自身に良質な問いを問いかけることが重要であり、、そのために問いかけのフレームワークが活用できることを説明した。 内省のための問いかけとしてフレームワークは有用なものではあるが、定型化してしまう。問いかけが定型化してしまうと問いの品質が低下してしまい、内省を多様な視点から深めていくことができなくなってしまう。 問いかけの質を上げていくには思考の幅を広げるような思考のコンテキストにあった問いかけがあることが重要である。つまり、対話的に深掘りしていくことが思考を深め

    • 内省の技術:自身に問いかける

      前回は「自己理解を深める」ために、「意見」「経験」「感情」「価値観」の4つに切り分けて可視化する「認知の4点セット」を紹介した。「認知の4点セット」といったある種のフレームワークを活用することで効果的が内省できるようになり、自己理解を深めることができる。 なぜ、フレームワークが効果的だろうか? これは、独りでは気付き切れない観点を考えることができるフレームワークの特性のおかげである。ただ内省しているだけでは「感情」「価値観」について思考を深めることは難しい。つまり、フレー

      • 内省の技術:自己理解を深める

        内省を深めるために、ただ経験を記録するだけではなく、感情を記録することが重要であるか理論的な背景について紹介する。 内省を深めていくためには、自分の経験を学びに変えていく。そのためには経験からさまざまな気づきを得るために、「認知」が重要になる。この「認知」の枠組みを整理したフレームワークに「認知の4点セット」がある。 認知の4点セットは事実や経験に対する自分の判断や意見を、「意見」「経験」「感情」「価値観」に切り分けて可視化する。これによって、自分の内面を多面的に深掘りす

        • 内省の技術:定期的に記録を見返す

          前回は「感情を記録する」ことの重要性について説明した。 内省のために重要なポイントの3つ目は、「定期的に記録を見返す」である。 前回、継続して感情を記録することで自分の「価値観」を見出すことができると説明した。これは1ヶ月ごと、1年ごとなど「定期的に記録を見返す」ことによって、より顕著になる。同じようなことを考えていたり、違う出来事に対して同じような感情の動きや反応をしていたり、日々の記録だけでは分からなかった「くせ」や「こだわり」が浮かび上がってくる。 この「くせ」や「

        内省の技術:問いかけの質を上げる

          内省の技術:感情を記録する

          前回は「テーマを絞り込む」ことの重要性について説明した。 内省のために重要なポイントの2つ目は、「感情を記録する」である。 なぜ、感情を記録することが大切なのだろうか? ただ、日々の出来事を記録するだけでは不十分なのだろうか? 日々の出来事で感じた、気分よくできること、達成感を得られること、苦手意識を持っている人や行動、怒りやストレスを感じたこと、など記録していく。日々の出来事とそこで感じた感情を何度も書いていく。何度も何度も書いていく中で、ふと自分の「こだわり」が見出す

          内省の技術:感情を記録する

          内省の技術:テーマを絞り込む

          内省は、記録することが重要だが、ただ記録するだけでは効果的なふりかえりができない。内省のために重要なポイントとしては下記の3点がある。 テーマを絞り込む 感情を記録する 定期的に記録を見返す まずは、「テーマを絞り込む」について説明する。 テーマを絞り込まず漫然と記録することは、何を書けばよいか分からず記録しにくい。結果として、自分の書きやすいことを記録するようになってしまう。書きやすいことが振り返りたいことであれば問題ないが、振り返りたいことでなければ内省の効果が

          内省の技術:テーマを絞り込む

          内省の技術:記録することからはじめる

          自己成長のためにはフィードバックが欠かせない。自己成長のために重要なフィードバックを外部から得られない場合には、「内省」によって自分自身を振り返り、成長に繋げることができる。 この内省のために最も基本的かつ強力なツールが、日々の出来事を記録することである。記録することで、自然と過去に起きた出来事をふりかえり、自分の行動や思考、感情のパターンを客観的に見つめ直すことができる。 過去の出来事を詳細に思い返すことで、その時の状況や自分の思考を追体験するこができる。追体験では時間

          内省の技術:記録することからはじめる

          2023年のふりかえりと2024年の目標

          昨年もたくさんの出来事がありましたが、まずは昨年をふりかえり、今年の目標を掲げていきます。 2023年のふりかえり昨年は、いくつかの目標を達成できました。 まず、将棋ウォーズで初段に昇段できたこと。藤井聡太八冠と羽生善治会長のタイトル戦に刺激されて久しぶりに将棋を指し始めました。大学生時代の棋力はアマチュア4〜5級程度だったので、将棋ウォーズでは1級まで昇級できればよいかと考えていました。 いろいろと学びながら半年程度で将棋ウォーズ初段に昇段することができました。勝率が

          2023年のふりかえりと2024年の目標

          ゼロからはじめるLightning Web Component 〜WebAPIっぽく実装したい!〜

          今年の技術系アドベントカレンダーももう最終日ですね。 12月1日からクリスマスの25日まで、毎日投稿されるアドベントカレンダーの記事が投稿されてきましたが、面白い、勉強になる、記事は見つけられましたでしょうか? これから年末年始のお休みにアドベントカレンダーの記事をじっくり読み耽ってみてはいかがでしょうか? はじめにさて、今回はLightning Web ComponentとApexクラスのデータ渡しについて、WebAPIっぽく実装したい私が抱いている願望が2つあります。

          ゼロからはじめるLightning Web Component 〜WebAPIっぽく実装したい!〜

          Japan Dreamin' 2022 でLTしてきた!

          はじめにすっかりブログをアップするのを忘れてしまっていましたが、2022年1月22日(土)にオンライン開催された Japan Dreamin' 2022 で LT してきました。 今回の発表では、「エンジニアが学ぶカスタマーサクセス」と題してエンジニアが理解したカスタマーサクセス、Customer360の活かし方について話しました。こちらから資料と動画を見ることができますので、よろしければご覧ください。 スライド YouTube きっかけ今回の発表では「カスタマーサク

          Japan Dreamin' 2022 でLTしてきた!

          Salesforceの通知を考える 2021年版(Salesforceフロー)

          今年も技術系アドベントカレンダーの季節になりました。 12月1日からクリスマスの25日まで、毎日投稿されるアドベントカレンダーの記事を読んで楽しみながら過ごしていきましょう! はじめにSalesforceで通知する手段について、3年前に記事を書きました。Salesforce Platformもアップグレードしてきているので、2021年版を考えていきます。 [Blog] Lightning プロセスビルダーで通知を考える 2018年版では、下記の4つの通知方法についてメ

          Salesforceの通知を考える 2021年版(Salesforceフロー)

          Salesforce MVP

          Congratulations to all new, returning MVPs and Hall of Fame members! I'm honored to be renewed as a #SalesforceMVP for 5 year in a row, and to be a part of this amazing family. 新しいMVP、復帰したMVP、殿堂入りしたメンバーの皆さん、おめでとうございます! 5年連続で #SalesforceM

          Japan Dreamin' 2021でLT登壇してきた!

          2021年1月30日(土)に開催された Japan Dreamin' 2021 に参加・登壇してきました。今年はオンライン開催となったので、LT もオンラインでの発表となりました。 今回の発表では、「なぜ、Salesforceは最強の業務アプリ・プラットフォームなのか?」と題してSalesforce Platformの強みについて話しました。こちらから資料と動画を見ることができますので、よろしければご覧ください。 なぜ、Salesforceは最強の業務アプリ・プラットフォ

          Japan Dreamin' 2021でLT登壇してきた!

          B2B SaaSエンジニアMeetup - Sharing Issues Online #1 に登壇してきた!

          2020年11月6日(金)に開催された B2B SaaSエンジニアMeetup - Sharing Issues Online #1 に参加・登壇してきました。  今回の発表では、SaaS プロダクトでは重要となる管理画面について話しました。こちらから資料と動画を見ることができますので、よろしければご覧ください。 愛される管理画面の作り方 これまでの受託開発であれば、管理画面はバグなく使えればよいと重視されないことも多かったのではないでしょうか?しかし、SaaS プロダク

          B2B SaaSエンジニアMeetup - Sharing Issues Online #1 に登壇してきた!

          在宅勤務で散財ヒストリー 2020

          2020年は突然のコロナ禍によって、オフィス勤務から在宅勤務に切り替わりました。そのため、在宅勤務の職場環境を整える必要がありました。 今回は、今年在宅勤務を快適にするために散財してきた商品を紹介していきたいと思います。 WHALEN Ⅳ メッシュチェアー まずは1品目。 下記のPodcastのエピソードで紹介されている「WHALEN Ⅳ メッシュチェアー」です。このデスクチェアはコストコのジェネリックアーロンチェアとして一部で有名なものになります。 この「WHALE

          在宅勤務で散財ヒストリー 2020

          Salesforceで項目履歴をDIYする!

          今年も技術系アドベントカレンダーの季節がやってまいりました。皆さま元気にお過ごしでしょうか? 今年はコロナ禍のため Dreamforce もリアルイベントではなく、バーチャル開催となりました。バーチャル開催となることでこれまで参加できなかった人も参加できるようになりました。どんなイベントになるか楽しみです。 さて、今年も技術系アドベントカレンダーがクリスマスまで25日間続きます。今日から毎日投稿されるアドベントカレンダーの記事を読んで楽しみましょう! はじめにエンタープ

          Salesforceで項目履歴をDIYする!