あやぽんず

海とこしあんと黒柴銀太がすきな塾屋さんです。ものをかきます。短歌・エッセイのようなもの・そのほか。第四十五回全国短歌大会 東直子選者賞。三井住友信託銀行主催・第四回わたし遺産大賞受賞。 文をまとめているマガジンは「書くことが楽しくてよかった。」です。書くことをしたい。
固定された記事

わたし遺産

「わたし遺産」|三井住友信託銀行 http://www.smtb.jp/personal/watashi-isan/award4/champion/entry_003/index.html ありがたいことに大賞に選んで頂きました。 自...

猫科の肉食獣

1.猫科の肉食獣たち かっこいい。とてもかっこいい。 しなやかな体つき、精悍な顔立ち、これぞ肉食獣という身のこなし。 かっこいい。覚えられない。 アイドルグループの...

クマノミたち

1.クマノミ 今や「ニモ」の方が通じるかもしれない、スズメダイ科の亜科の魚である。 日本近海には6種のクマノミが棲息していて、顔つきや模様がかなり異なる。それを知...

アシカとオットセイ

1.アシカとオットセイ 今日はアシカとオットセイの見分け方について学んだ。 どちらも水族館のショーにおいては人気者だ。 だが、わたしは生粋の魚好きで、じつは海獣に...

アロワナとピラルク

1.おおきな淡水魚たち 今日はアロワナとピラルクの違いを学んだ。どちらも巨大な淡水魚だ。 アロワナは下あごが出ている。口の骨が発達していて、上下の顎ではなく口と...

ウミガメ

1.ウミガメたち 今日はウミガメの見分け方について学んだ。 ウミガメとひとくちにいっても、じつは7種のウミガメがいる。 日本の近海でよく見られるのはアカウミガメと...