やつしろ未来創造塾【第1期】開講式:2020年8月8日(土)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

やつしろ未来創造塾【第1期】開講式:2020年8月8日(土)

2020年は、新型コロナウイルスが全国的に感染拡大し、多くのイベントが中止となっていたため、「やつしろ未来創造塾」においても、慎重に開講式のタイミングを計っていた。

そんな中、令和2年7月豪雨という、更なる悲劇が八代市を襲う。

塾生の中にも、支援や復旧に携わっている者に加え、自社の工場が被災した者もいた。特に工場が被災した塾生は、参加が難しいのではないかと心配されたものの、こういう時だからこそ、前に進んでいくために、塾には参加したいと話してくれたこともあり、何とか開講式を開催するまでに至った。

画像1

当日は、塾長となる中村市長のほか、関係機関として、熊本県県南広域本部長のほか、市内金融機関から、日本政策金融公庫 様、肥後銀行 様、熊本第一信用金庫 様、熊本中央信用金庫 様、地域の経済団体から八代商工会議所 様、八代市商工会 様、八代経済開発同友会 様、八代青年会議所 様にご列席賜りました。

画像2

そして、本来ならば、この開講式にて、未来創造塾の指導者である富山大学 金岡 省吾 教授から、直接、初めてのご指導をいただく予定だったのですが、新型コロナウイルスの影響を考慮し、大学からの許可がでず、オンラインで指導いただくことになったこともあって、代わりに未来創造塾の先輩である和歌山県田辺市で「たなべ未来創造塾」を運営されている鍋屋係長が「八代市さんは、金岡先生が来られずに不安だろうから、こんな時こそ、お前が行って、助けてあげなさい!」と真砂市長からの熱い指示を受けて、同席及び講義いただくことになりました。誠に感謝極まれりです。

画像3

そんなこんなで、やっと開講式までたどり着いた「やつしろ未来創造塾」ですが、開講式当日は、市長からの主催者挨拶のあと、来賓挨拶をいただき、オリエンテーションとして、オンラインによる金岡先生の最初の講義「やつしろ未来創造塾が目指すもの①」、続いて、八代市の担当係長である篠原と田辺市 たなべ営業室 係長の鍋屋 様からの講義「やつしろ未来創造塾が目指すもの②」にてスタートを切りました。

画像4

初日は、開講式が終わり、来賓が退席された後にも、金岡先生から、「たなべ未来創造塾」や、さらにそのモデルとなっている「魚津三太郎塾」そのほか、各地の事例をご紹介いただく講義を受け、これから半年間、塾生自らが、地域課題をどう捉え、どうビジネスに活かしていくのかをご教示いただき、初日の開講式と講義を終えたのでした。

以上、簡単ですが、開講式の様子を記事として残しておきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!