見出し画像

静かな音楽のあとで


静かな音楽のあとで わたしたちは                   語りださなくてはならない どんなに                  それぞれが 小さくて弱い人間で                    ひとつひとつのことに傷ついているのかを

静かな音楽のあとで わたしたちは                   語り 涙を拭かなくてはならない どんなに               とめどない 悲しみが眠っていて                    ふとしたことでそれがあふれてくるのかを                

静かな音楽のあとで わたしたちは                   語り 手をにぎり わたしは木となり                  あなたは風となり わたしは枝と葉をなびかせ              あなたはわたしを いつまでも揺らしているのを   

ああどうしてこんなに 静かなのだろう                 わたしも あなたも この世界そのもの                 わたしは 草原を行く雲の影                      あなたは 丘の家の窓です


★初出 詩集「木にたずねよ」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

18
詩人 「未来の祀り」/М×М×TOKYO 発起人  毎日新聞・共同通信・産経新聞・河北新報・福島民報新聞や雑誌などに連載中  ラジオパーソナリティー(RFC、KBS、HBC) 新作随時掲載中 → http://wago2828.com

この記事が入っているマガジン

詩ノ梯子
詩ノ梯子
  • 6本

詩の礫

コメント (2)
9 The Heart asks Pleasure - first -

心臓は、最初の喜びを要求します
そして、痛みからの言い訳。
そして、それらのほとんどの鎮痛剤
それは苦しみを和らげます。
そして、スリープ状態にします。
そして、場合によってはそれがあるべきです
インクイジターの意志
死ぬ自由。
Emily Dickinson
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。