『タッチ』の南ちゃんは本当は何者だったのか

ツイッターでこういう話題がありました。 


一応言っておくと、元ツイのにゃにゃこさんは僕と以前から相互フォローの方で(まあ相互フォローったって4万人くらいいるのだが)特に僕としては「フェミの表現規制だ!」とか「ヴォルテールいわく」とか「それはどういう意味でしょうか?(メガネピコピコ)」とかそういう話をしたかったのではなく、「そういえばタッチの南ちゃんって昔からなぜか人によってイメージがバラバラだよね」という話を軽くしたつもりが、これが完全にオタクVSフェミというネットのトレンドに乗っかって4000RTという山火事になってしまった。まことに申し訳ないことである。消火活動も含めて「タッチ」という作品について書いてみたいと思う。浅倉南という、連載が1986年に終了して30年が経過してもいまだにこうして話題になる漫画史に残るヒロインについても。

最初に言っておくと、僕のツイートで書いたTV局の企画『南ちゃんを探せ』は女子マネ企画ではなく、女子スポーツ選手にスポットを当てる企画で、これは完全に僕の間違い。なんかそんな企画あったなというおぼろな記憶で書いたのだが、むしろ女子マネとは正反対の方向性であった。しかし、このことからもわかるように、実はあだち充作品は「ヒロインの才能と可能性を潰す」ことに命をかけてなどいない。というか、端的な事実として、南ちゃんは野球部のマネージャーを辞め(監督に追放されるのだが)最終的には女子新体操選手としてインターハイに個人優勝してしまう天才アスリートなのである。これは当時の少年漫画のヒロイン像として異例、画期的なことであった。wikiにもそう書いてあるからたぶんそうだと思う。

早い話が、浅倉南という子はそれまでの少年漫画に出て来た応援ヒロイン、主人公を応援したり、勝負に勝った方の彼女になったりというそういうステレオタイプを逆手に取った新しい天才ヒロイン像だったわけである。「いわゆるああいうタイプのキャラだと見せて実はちがうんだよ~ん」というキャラだったはずの南ちゃんなのだが、『タッチ』1億部という異常なヒットの結果(あだち充全作品ではなく『タッチ』だけで売り上げ1億部なのだそうだ)『タッチ』以前の古いスポ根漫画が時の流れで忘れ去られ、「女子マネージャーといえば南ちゃん、いわゆるああいう南みたいな女」という誤解が生まれてしまったのは皮肉である。

もうひとつ南のイメージが混乱するのは、『タッチ』という作品が和也の死の前と後でまったく変わって行く、というかあだち充という作家が和也の死を描いたことで完全にひとつ上の次元の作家に化けていく作品なので、南ちゃん像というのが1巻と最終巻でかなり変化しているのである。最初の方の南ちゃんがわりと普通の女の子であるのに比べ、後半の浅倉南はほとんど涙を流さないハードボイルドな、そして天才性を強めたヒロイン像になっていく。これは南というキャラだけではなく、あだち充という漫画家が和也の死とそれ以降を描くことによって、「ラブコメハードボイルド」とでもいうべき、それ以降のあだち充作品に共通するあのクールでポップな文体を獲得していく。

自分で書いておいてなんだがこれもちょっと語弊があって、浅倉南という人は天才なのだが、前のめりにバリバリのキャリア志向なのかというとちょっと違うと思う(僕が書いたのだが)。かといって家庭志向なのでもない。なんというか南という人を勉強にたとえると、苦もなく東大には入れるのだがそんなことには興味がなく、世界の誰にも解けない数学の命題のことをぼんやりと考え続けているような、そういうタイプの天才なのだと思う。この「解けない命題」とは言うまでもなく、和也の死のことである。

『タッチ』の本当のテーマは野球でも恋愛でもなく、『人の死』である。達也も南も7巻以降、恐ろしいくらいに和也の死に取り憑かれている。達也は和也の死霊に体を乗っ取られたごとくに投手として投げ続け、和也の目指した甲子園を目指す予選で、和也のライバルたちと戦う。南もまた、お互いに気持ちを確認している、和也の死の前から好きだったはずの達也と付き合うことができないまま物語は進む。

上杉達也は甲子園の開会式を放り出し、南のもとにかけつける。そして作品の代名詞である「上杉達也は浅倉南を愛しています」という台詞を吐く。これはクライマックスの愛の告白ということになっているが、しかし実は『タッチ』という作品において、達也と南の2人はとっくの昔にファーストキスもすませているし、お互いがお互いを好きであることなんかほぼ確認しているのである。つまり本質的には、ここで上杉達也は浅倉南に「自分のために生きろ、他人の死に取り憑かれるのはもうやめろ」と言いに行くのだ。

その少し前のシークエンス「3日目、第2試合」の回で浅倉南は自宅で父親と会話する。父親が言う。「ここからが本当にタッちゃんの勝負だな。カッちゃんのためでも南のためでもなく…」南が答える。「でも、昔から自分のためだと急に欲がなくなるからなァ、タッちゃんは。」父親が言う。「そろそろそのクセはなおさんとな。ほしいものはほしい、そう言えるように」

もちろん父親は、達也だけではなく自分の娘、南に対して「ほしいものはほしい、そう言えるようになれ」と暗に言っているのだ。それに気がつかず「なるかな?」と答える南に、父親は「がんばれよ」とつぶやく。あだち充はこういうシーンをものすごくさりげなく、さらっと読んだら大して意味もない会話のごとく描いてしまうのだが、『タッチ』という作品のテーマが隠された本質的な会話だと思う。これは自分のために生きることをためらってしまう優しすぎる天才児たちの物語なのだ。

あだち充と村上春樹は似ていると思う。村上春樹作品にも双子や恋人の死をいうモチーフが取り憑かれたように登場していたが、「ノルウェイの森」がその内容をほとんど理解されることないままなんだかオシャレな会話が続いていて100パーセントの恋愛小説らしい、ということで300万部売れた状況と、タッチが1億部というとてつもない売り上げを残しながら、浅倉南は献身的に男子に尽くす女子マネージャーで保守的なジェンダーロール観みたいな誤解が流れっぱなしの状況、「やれやれ、僕は射精した」みたいな下手くそなパスティーシュで村上春樹の文体をわかったようなノリがネットに溢れていることと、あだち充の主人公の顔だけを並べて「あだち充はキャラの描き分けができない」みたいな揶揄が流れるネットの状況はとても似ている。(当たり前の話だが、あだち充の絵はとてつもなく上手い。タッチの中でどれほど多彩なキャラが出ているかを見ればそんなの一目瞭然なのだが、とりわけすごいのは最終巻に突然登場するアイドル歌手住友里子と浅倉南の描き分けで、意図的に髪型も顔のデザインもほぼ同じにしているのに、仕草や表情だけで「芸能人らしい華、誇張されたオーラ」を表現しているのである)村上春樹の文体とあだち充の絵は、本来ならとても苦くてベストセラーとして消費することのできないテーマを大衆に飲み込ませてしまうオブラートなのだ。

あだち充は連載の最初から、和也の死を描くつもりで「タッチ」というタイトルをつけた。バトンタッチのタッチである。当時の編集長は猛反対したという。当たり前である。ラブコメの王道である三角関係、しかもこれほど美しく完成された達也・和也・南の三角関係を、たった7巻の時点、まだこれから人気が爆発しようかという序盤に殺してしまう作劇法がどこにあるというのだ?だいたい和也を殺してしまったらその後にどういうストーリー展開が可能だというのだ。誰だって反対するだろう。でもあだち充は恐ろしいほどの強い意志で和也の死を描くことを決意していた。「和也の死を描いてもその原稿は載せないからな」とまで言ったと聞く編集長に対して、漫画史に残るあの有名な「ウソみたいだろ」の回を描き終えたあと、『「人気のあるキャラだから殺すな」って、さんざん言われたけれど…原稿おいて行方くらませたんだよねぇ…(つかまると死なないの描かされるから…)』と上記のリンク記事で語っている。当時の少年漫画の状況でこんなことをすればタダではすまない。もしも和也の死に対して読者の反応が悪く人気が落ちていれば、あだち充は少年サンデー追放どころか漫画家生命すら危うかったはずである。「三角関係で和也が死んだらもうこのラブコメはどこにも行けなくなってしまうではないか」という編集者の危惧に対する答えを彼は最初から持っていた。あだち充は最初から漫画家生命を賭けて、どこにも行けなくなってしまった少年と少女の物語を描くつもりだったのだ。

『タッチ』を語る時によく引用される話だが、あだち充には同じく漫画家の兄がいる。彼の才能を見いだし、彼の庇護者となったのはその兄である。なぜあだち充がそれほどまでの決意で「弟が死に、兄が生きる」物語を描いたのか、柏葉英二郎という兄に劣等感を持つ弟を登場させたのか、なぜ聖書のカインとアベルのように兄弟の物語を繰り返し描いたのか、それは彼以外にはわからない。



というわけで長くなりすぎたのでこのへんで。あだち充についてはあまりに過小評価されている(通算2億部の作家に過小評価もないもんだが、批評的に)のでまた書きたいと思う。あと相互フォローなのに4000RTも燃やしちゃったにゃにゃこさんゴメンネ☆我ながら謝り方が可愛かったので完全にこれで謝罪が成立したと思う。許してにゃん。それではまた。

追記 南が見るのは達也の夢だったのでその部分の論を取り下げ訂正しました。ごめんにゃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1483
CDBと申します。よろしくお願いします。 媒体原稿  https://bunshun.jp/search/author/CDB   https://realsound.jp/tag/cdb   映画ブログ  https://www.cinema2d.net

コメント3件

タッチ、みゆき、を頂点として、ナインで惹かれたあだちキャラのタッチがとうとうはっきり変わってしまったと感じたのを覚えてます。
でもあの頃のサンデー、少年ビッグは面白かったなー
一回か二回さらっと読んだだけだけどすごい作品だったんだな。面白いのはわかってるんだけど読む気がしないのは、読み切るまで止まらなくなるのがわかってるからだろうか。
記事とても興味深く読ませていただきました。もう一回タッチを読み直したくなりました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。