ラーメン屋のコピー

脱サラして飲食店する人が多い訳

 おはようございます。
天皇即位礼に関わる式典が全て終わったとのこと。
また慌ただしい師走が迫って来ます。

・脱サラの理由から・・

 いろんなサイトを巡って脱サラの理由を調べたり
周りの人が脱サラした背景を考えると

・会社や組織に縛られたくない

 というのが多いのですが、その心情的な部分
実によくわかります。
特にいわゆるB to B (会社組織対会社組織)のビジネスに関わると
自分と取引先の関係が会社間という組織の枠の中で進んでいて
なんというか人と人という繋がりが希薄になっているかのように
感じてしまう。

 実際はそんなことはなくて商談とは人柄や人徳に支えられて
まとまっていくものなんですけどその辺の個人的な達成感
薄く感じてしまうからでしょうか?

 なぜかというと、僕もそう思ってしまう時がたまにあります。

 しかし経営者目線に立ち返ると、そうでもなくて組織を
束ねる側にいると

 ・責任
 ・判断
 ・実行

  ほぼ個人として対会社と関わることも多いんですね。
 ここが経営者としての良いところでもあり辛いところである。
 とも言えます。

・なぜ飲食店に?

 前出の様に多くの人は会社組織から脱したい人は個人的達成感
手に取るように感じたい。と思うのではないかと。
 すなわち対面で品物を渡して対価を得る感覚。
C to Cではないけれど人対人 の感覚に憧れるのではないかと。

 そう行った意味でラーメンやカフェといった飲食店を目指す
人が多くなったのかな?と僕は思うんです。

・自分の場合

 すでに会社を経営しているわけですが、やはり対組織間で
仕事をしていると個人的プレッシャーは多くのしかかります。
よく聞く言葉ですが。。

        「社畜」

 これは個人資産を担保として目をつけられていて、経営責任と
いう呪縛に縛られているほとんどの弱小、中小の経営者こそが
社畜なんだと常日頃言ってます。

 ただ、やはり夢はありますね。

 好きな物つくりで家族だけほどほどに生活できればいいなと。

 それは脱サラというよりは本当の意味で
「卒業」というケジメになると思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
鋭意工事中です。 noteはマネタイズはしてません。 思いついたことを思ったままに雑記帳や備忘録の様に書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。