見出し画像

まだ東京で一人暮らしして消耗してるの?

この記事はギークハウス新宿界隈のアドベントカレンダーの24日です。

https://adventar.org/calendars/3550#list-2018-12-24

タイトルは煽り気味ですが個人的にはそう思っています。

なぜそう思うのか簡単ですが個人の意見を述べていきます。

ギークハウス新宿界隈に移り住んで1年が経ちました

私がこれまでに住んでいたギークハウスは

・ギークハウス新丸子
・ギークハウス元住吉
・ギークハウス新宿四ツ谷

となります。今年の1月から新宿四ツ谷に住むことになりましたが、今年は人生の中で一番充実した最高の年でした。

ギークハウス新宿四ツ谷に移り住んで大きく環境が変わったことがきっかけであったと実感しています。

自分の付き合う周りの人間を変えること

ギークハウスはそれぞれ特色がありますが、新宿四ツ谷は私の中では会話が頭ひとつ抜けた特色かと感じています。

毎日いろいろな人と会話をすることで自分の知らない世界が広がっていきます。だいたい、21時〜27時の6時間がゴールデンタイムです。

新宿四ツ谷は年齢層が高めの住人が多いこともありますが、フリーランスも多く技術の話から仕事の話、コミュニティの話やバックグラウンドの話など多岐に渡ります。話が尽きません。

ここからStartupWeekendに関わったり個人開発したり海外へ飛び回るようになりました。これらも関わっている周りの人が変わったからに他ありません。

お金を大事に

ギークハウス新宿四ツ谷は家賃・共益費込みで65,000円です。この中には電気代・水道代・WIFI利用料に留まらず米やパスタまで付いてきます。
つまり食事さえ用意できれば65,000円で東京の新宿に滞在することができるということです。
更には敷金・礼金もなくミニマムな生活であれば拠点を転々とすることも可能です。

シェアハウスは家が気に入らないとか人間関係のトラブルが発生する可能性がありますが、その時は気軽に引っ越してしまえばいいのです。
余ったお金は貯蓄に回したり自分への投資に使うことで未来への自分に備えることができます。

東京で一人暮らしするメリットとは

以上を踏まえて一人暮らしをするメリットとはなんでしょうか。

自分を変えるチャンスを自分で潰していることに気付いた方もいるのではないでしょうか。

私は個人的に一人暮らしは最上のコストパフォーマンスの低い贅沢な暮らしであると考えています。

仕事以外で人と関わることもなく、高い家賃に光熱費などを考えるととても若者が選択するべきではありません。

東京に住むならシェアハウスに住もう

周りと付き合う人間を変えることで自分の行動・成長に大きく影響を与えるものだと考えています。
もちろん、東京以外でもシェアハウスはお勧めなのですが、東京では地方から変わった方や面白い人が多く集まるため、そこに飛び込み自分を変えていきましょう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。