【公式】400F(お金の健康診断)
保険営業がきつい5つ理由とは?お金・ノルマ・休みが厳しい現実と対処法を紹介
見出し画像

保険営業がきつい5つ理由とは?お金・ノルマ・休みが厳しい現実と対処法を紹介

【公式】400F(お金の健康診断)

「保険営業はきついと聞いて働くか迷っている」「保険営業をやっているが仕事がきつくて悩んでいる」という人もいるのではないでしょうか。
保険営業は高い収入を望める代わりに、仕事がきついのも事実です。しかし、どこがきついのか把握し適切に対処すれば、保険営業として無理なく働けます。
この記事では、保険営業がきついと言われる5つの理由と、きついときに実践したい対処法をまとめました。ぜひ最後までご覧ください。

保険営業がきつい理由5選

保険営業がきついと言われる主な理由は「お金」「ノルマ」「休み」の3つがポイント。具体的にはこれから紹介する5つが挙げられますので、それぞれのきつい理由について詳しく見ていきましょう。

①収入が安定しにくい

保険営業は成果主義のため毎月の収入が安定しにくいです。給料のうちインセンティブが大半を占め、営業成績がないと最低限の基本給しかもらえないことも。例えば、成績の良い月は給料40万円でも、成績の良くない月は15万円になることも十分あり得ます。
収入を安定させるには成果を挙げ続ける気概が必要です。逆に言えば、成果を上げるために努力を惜しまない人にとっては、保険営業が向いているでしょう。

②立て替えが発生する

収入が不安定なことに加え、営業で使ったカフェ代や交通費などの営業経費を先に自分で支払って立て替えるため、支出が多くなりがちです。
これらが重なることで、経済的に不安を感じる人もいるかもしれませんが、あくまで立て替えですのでしっかり会社に申請することで精算が可能です。忘れずに精算しましょう。

③営業ノルマがある

保険営業には基本的にノルマがあります。ノルマを達成できていないときは精神的にも追い詰められますし、「今月達成した!」と思っても、翌月以降もずっとノルマに追われる日々は続きます。ノルマ達成のために、飛び込み営業やテレアポが必要となることも。
一方でノルマがあるからこそやりがいがあるとも言えます。目標に向けた努力が大切です

④最初のうちはなかなか休めない

特に保険営業を始めて間もない人は、ノルマ達成のために休日を使って働く人も多いです。基本は顧客の都合に合わせて動くため、平日夜間や土日祝日にアポイントが入ることもあります。暦通りの休みが取れるとは限らないでしょう。
とはいえ、ノルマを達成すれば成績や収入を十分確保できるため、無理にスケジュールを詰め込む必要はなくなります。自分の努力次第で働き方を柔軟に変えられるのは、保険営業のメリットです

⑤周囲の人間関係に苦労しやすい

入社したてのころは、家族や友人に保険を勧めることもあるでしょう。でも無理な保険勧誘で家族や友人と疎遠になってしまった、という話はよくあります。
また、保険営業に限った話ではありませんが、社内の人間関係も相性がありますよね。営業には体育会系の人が多い傾向のため、上司や先輩と雰囲気が合わないときついかもしれません。

保険営業がきついと感じたときの対処法

ここまで、保険営業がきつい理由を紹介しました。「きつい」と感じていることをそのまま放置していると、心身に影響し仕事を続けられなくなることもあります。それでは、きついと感じたときはどのように対処すれば良いのでしょうか。ここでは2つの対処法をお伝えします。

保険営業を効率化する

当たり前のことですが、営業成績を上げノルマを達成することができれば保険営業のきつさは緩和されます。そのために新規顧客の開拓や見込み客の獲得の方法を見直すことも大切です。
弊社が運営する「お金の健康診断」ではオンラインで簡単に見込み客と出会うことができます。新規開拓や見込み客探しにお困りでしたら、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

メンタルケアをする

飛び込み営業で嫌な顔をされたりノルマ達成ができなくて焦ったりと、保険営業はストレスが多い仕事です。ストレスと上手く付き合いながら働き続けるには、メンタルを鍛えることが大切です。メンタルが強ければ物事をポジティブに捉えることができ、落ち込んだときも回復が早くなります。
メンタルケアの方法としては、休みの日は思いっきりリフレッシュすることです。休みでも仕事のことを考えてしまうと、モヤモヤした不安や焦りを感じて心に負担がかかります。休みは好きな趣味などに時間を費やし、仕事を忘れましょう。

とはいえ、最初のうちは休みがなかなかとれないのが問題です。そこで試したいのが、書籍などを参考にメンタルトレーニングすることです。マイナス思考の変え方や不安の取り除き方など、夜寝る前やスキマ時間にできる方法が学べます。

また、職場の先輩に相談することも大切です。中には親身になって教えてくれる方もいらっしゃると思います。そんな方にメンターになっていただくと、業務の生産性の向上だけでなく、「お世話になった先輩へ結果で返したい」という気持ちから日々の営業活動のモチベーションの向上にも繋がるでしょう。

まとめ:保険営業のきつい一面を乗り越えよう

保険営業は楽な仕事とは言えません。収入が安定しにくいことや、ノルマ達成のために奔走する点などきつい理由はたくさんあります。
しかし、きつさを乗り越えれば高い収入が得られ、働き方も柔軟に決められるのが保険営業のメリットでもあります。メンタルケアや営業方法の効率化できつさを緩和できるため、適切に対処しながら乗り越えていきましょう。

「お金の健康診断」で簡単に見込み客を発見しませんか?

弊社が運営するサービス「お金の健康診断」は、お金に悩みがある見込み客の中から、自分がアプローチしたい見込み客を選ぶことができます。見込み客の情報には、年収、貯蓄額といった情報も含まれており、属性を絞って探すこともでき、効率よく見込み客と出会うことが可能です。

見込み客探しに少しでも課題をお持ちでしたら、以下より資料請求またはお問い合わせください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
【公式】400F(お金の健康診断)
お金に悩みを抱えている人とお金の専門家をマッチングするサービス「お金の健康診断」を提供している(株)400Fの公式note。営業に関する情報を発信。お金の健康診断:https://okane-kenko.jp/ オカネコ:https://mag.okane-kenko.jp/