見出し画像

歯並び矯正と行動変容

練馬区最南端にある歯科医院 吉祥寺壱番館歯科医院です。

目立ちにくい歯並びの矯正治療を行っています。

歯並び矯正をしようとしている人は、多くの方が歯みがきが不十分です。

歯みがきしていないのではなく、歯みがきしていても十分に汚れが取り切れていない場合がほとんどです。

吉祥寺壱番館歯科医院では歯並び矯正を始める前に、その方の

お口の管理の「行動変容をうながす」ようにお話をしています。

なかにはお手入れ方法に問題のあるかたも。

そのまま、矯正治療を開始するとむし歯になりかねません。

ほぼすべての方々に

5つのステージに分けお口の健康管理のお話をしています。


最初は ①~②のような状況でも 大丈夫

① 歯みがきに 無関心に近い状態

(改善しようとしない、できないでいる)

②歯みがきに すこし関心がでてきている状態。

(関心はあるが、実行が出来ていない状態)

そんな場合であっても、吉祥寺壱番館歯科医院 院長、歯科衛生士スタッフがプランを立てます。

つづく


この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございました
8
吉祥寺にある吉祥寺壱番館歯科医院が運営する「note」へようこそ。10年以上の豊富なマウスピースによる歯並び矯正治療経験を持つ院長がインビザラインをはじめとした小児矯正・成人矯正・マウスピース矯正をご提供します。 練習用のトライアルマウスピースを使用した、おためし矯正も可能です。