見出し画像

Teensyを使ってレイヤー付きキーボードのプロトタイプを作ってみた[Arduino]

本日は、Teensyを使ってキーボードを作るお話です。

以前、Ergodoxを購入し使っていたのですが、キーピッチが広く私の手に合わず使わなくなってしまいました。

Ergodoxのキーマップを変更するために色々と調べていたところ、Teensyというキーボードコントローラーがあれば簡単にキーボードが作れるということに気づきました。

最終目標は、自分の好きなレイアウトのフルキーボードを作ることですが、まずは5個くらいのキーボードを作ってみました。

## 今回やったこと

今回は以下をやりました。

* キー数は5つ
* レイヤー切り替え対応
* アクティブなレイヤーをLEDでお知らせ

## ブレッドボード

こんな感じです。
2レイヤー構成で、上段についているスイッチを押すとレイヤーが切り替わります。
レイヤーの状態はLEDで分かるようになっています。

左のLED点灯 => レイヤー0
右のLED点灯 => レイヤー1

画像1

## 回路図

詳細はGithubを見てください。

## ソース

Githubへ上げてます。
難しい事はやってないので、この記事を見ている人ならコードをみればすぐ分かると思います。

## 次回やること

* PCBを発注してみる
* キースイッチはCherryもしくはGateron実装
* ついでにキースイッチのバックライト(LED)も実装してみる

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。